子育て・育児

乳児突然死症候群 (SIDS)の原因と対策まとめ!いますぐ家庭でできる事

こんにちは、気まぐれプレママ(@kimagure_pmama)です。

先日、胸が痛くなるニュースが報じられました。

今月3日東京都練馬区の認可外保育施設で生後半年の男の子が亡くなったのです。

まだ原因は明らかにされていませんが、乳児突然死症候群 (SIDS)ではないか、と言われています。

一体、乳児突然症候群とは何なのか、それを防ぐ為に今すぐ家庭ですべき対策はあるのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

認可外保育で起きた死亡事故の詳細

まずは、どの様な状況で今回の痛ましい事件が起きたのか見てみましょう。

保育施設で生後半年の男児死亡
3日午後、東京都練馬区東大泉の保育施設「若草ベビールーム」で生後6カ月の男児があおむけで口からミルクを吐いて倒れているのを施設の女性職員(63)が発見した。男児は搬送先の病院で死亡が確認された。

警視庁石神井署によると、窒息死の可能性があるといい、同署が業務上過失致死の疑いも視野に詳しい死因や当時の状況を調べている。男児の体に目立ったあざなどは確認されていない。

女性職員がミルクを飲ませて寝かしつけていたところ、様子がおかしいことに気付いたという。女性職員は同署に「施設近くの診療所に連れて行ったが処置できないといわれ、119番通報した」と説明。男児は通報後に都内の病院に搬送されたという。

引用:産経ニュース

別の記事で読んだところ、この男の子は当時うつぶせで寝ていたそうです。

また、15分ごとに状態を確認するルールがあったのですが、職員不足で前回のチェックから30分経っていたとの事です。

これらを踏まえて、今回の死因の可能性が高いと言われている乳幼児突然死症候群(SIDS)の症状を確認してみましょう。

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは?

乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)は、これまでにそれといった大きな病気もせず、すくすく健康に過ごしていた乳幼児が眠っている間に突然死んでしまうという病気です。

生後4~6ヶ月の赤ちゃんに特に多く見られますが、1歳を過ぎた子が亡くなるケースもまれにあります。

厚生労働省の調査によると、平成28年度には109名の赤ちゃんがSIDSで亡くなっており、乳児期の死亡原因としては第3位となっています。

男女や、家庭の社会的・経済的水準などの違いには関係ありません。

もちろん、菌やウイルスで伝染する病気でもありません。

最近、特に注目されメディアなどでも取り上げられていますが、現代病というわけではなく、旧約聖書にも書かれているほど古くからある病気のようです。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因は?

乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こす正確な原因は、まだ解っていません。

しかし、以下の条件の下で発症しやすいと言われています。

  • うつぶせで寝ている
  • 近くにいる人がタバコ喫煙をしている
  • 粉ミルクでの育児

この3つは厚生労働省のHPにも載っていますが、それ以外にも最近の研究で関係性があるのではないかと指摘されている条件がいくつかあります。

  • 服の着せすぎや温めすぎ
  • 朝方、午前中
  • 冬、寒い時期
  • 先天性の呼吸異常

もちろんこれらがいくつも当てはまったからと言って、必ずSIDSになってしまうとは限りません。

何らかの関係がありそう、という程度のものも多いので、あまり気にし過ぎない方が良いかもしれません。

乳幼児突然死症候群(SIDS)にならない為に

乳幼児突然死症候群(SIDS)にならない為に、私達がしてあげられる事は何でしょうか?

あおむけに寝かせる

うつぶせに寝かせた時のほうが、SIDSの発生率が高いということが研究者の調査でわかりました。

SIDSはあおむけ寝でも起こります。

なぜ、うつぶせ寝がSIDSになる可能性を高めるのかは解かっていません。

ですが、うつぶせ寝は窒息してしまう可能性もあるので、避けるべきです。

なにか別の理由で、医師からうつぶせで寝させるように指示されている場合以外は、赤ちゃんの顔がしっかり見えるあおむけに寝かせるようにしましょう。

ちなみに、赤ちゃんを絶対にうつぶせにしてはいけないというわけではありません。

うつぶせの姿勢は肩や首の筋肉を使うので、身体の成長の為にも良いので、赤ちゃんが起きていて大人がしっかり見守っている時であれば、うつぶせの練習をさせてもOKです。

同居している家族の禁煙


最近の研究から、家族の喫煙でSIDSの危険度が4倍に高まることがわかりました。

喫煙がなくなると、SIDSを49.3% 削減できるとも見込まれています。

一番身近なママだけでなく、パパやその他同居している家族みんなの協力が必要です。

タバコは百害あって一利なし。

赤ちゃんの為に、そして本人の健康の為にも禁煙をしてもらいましょう。

母乳育児

母乳育児の方が、SIDSになりにくいというデータがあります。

しかし、具体的に粉ミルクのどの成分が悪影響を与えている、などの詳しい事は分かっていません。

粉ミルクは極めて母乳に近く作られており、完全ミルクで健康に育った子はたくさんいます。

強いて言うならば、ママと赤ちゃんの距離感の違いはあるかもしれません。

母乳育児の場合、授乳時にくっついて様子を見たり、夜中に何度も頻回授乳する場合、その都度様子を確認したりできます。

粉ミルクで育てていても、意識的に赤ちゃんの様子を確認する癖が身についていれば、問題ないと思います。

⇒完全母乳の目指し方を確認する

母乳が出ない!真剣に完全母乳・完母を目指すVol.2~乳首矯正・桶谷式母乳マッサージ~出産の疲れが癒える間もなく始まるのが、かわいい我が子のお世話。 おむつを替えたり、泣いたら抱っこしたり、授乳をしたり、ミルクをあげ...

赤ちゃんの寝る場所を整える

とは言え、夜中に何度も起きて赤ちゃんの様子を確認していては、ママの身体がもちません。

赤ちゃんが安心して眠れる環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんの就寝環境

ぬいぐるみやティッシュ、紐のついたものなどを置かない

寝具は硬いマット、掛け布団は軽い物を使用

汗まみれになるほど温めすぎない

なるべく添い寝をしない

添い寝は赤ちゃんの異常に気が付きやすい半面、大人の寝返りで赤ちゃんを圧迫してしまう危険性もあります。

添い寝については意見が分かれているようなので、される方は充分に気をつけてください。

ベビーセンサーの活用

さらに安心を追い求めるのであれば、ベビーセンサーの活用をおすすめします。

ベビーセンサーとは、布団の下にセンサーマットを敷き、赤ちゃんの心拍を確認するもので、病産院でも幅広く使用されています。

しかし、金額は数万円から10万円ちかくと結構かかります。

今回ご紹介するのは、スヌーザヒーローという赤ちゃんのおむつに直接取り付けるベビーセンサーで、海外で広く使われているものです。

心拍に異常を感じたら、まずはバイブレーションが作動して赤ちゃんの呼吸をうながします。

それでも反応がない場合は、赤く点滅し警報音がなる仕組みです。

⇒スヌーザヒーローの詳細を見る

もちろんベビーセンサーを使用したからといって、赤ちゃんを放置してよいわけではありません。

ママが少しでも安心できるように作られたお助けアイテムと考えましょう。

さいごに

乳幼児突然死症候群(SIDS)を完全に予防する方法は見つかっていませんが、少しでもリスクを避けるために家庭で今すぐできる事はたくさんあります。

絶対すべきことは、

  • うつぶせで寝ていたらあおむけに直す
  • 赤ちゃんの寝る場所を整える

可能であればするべきなのは、

  • 家族に禁煙してもらう
  • 母乳育児をする
  • ベビーセンサーを活用する

です。

あまりにも神経質になり過ぎるとママパパのストレスが溜まってしまうので、家族で協力して気をつけましょう。

そして、赤ちゃんに何らかの異変を感じた場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。

⇒寝つき対策にベビーソープを変えてみた話もあわせてどうぞ

ジョンソンすやすやタイムで赤ちゃんは本当に寝るのか1週間実験!口コミも紹介!娘の寝かしつけに悩んでいる、気まぐれプレママ(@kimagure_pmama)です。 寝返りをし出した頃から、寝かしつけるのが難し...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!
\子育てママ支持率NO.1/

おむつ・おしりふき・粉ミルク
ベビー用品って何かと重い!
そんなベビー用品
楽天市場でまとめ買い!
妊娠出産したら楽天カード!

\ポイント増量も!/
詳細へGO