エンタメ

セブンティウイザンは妊婦さんに読んでほしい号泣マンガ

妊娠にまつわるマンガでお薦めしたいマンガがあります。

それはセブンティウイザンです。

2016年から連載がスタートした、70歳で超高齢妊娠をした夫婦の物語です。(実話ではありません)

信じられない様な話ですが、画風がほんわかしていて可愛いので、話のネタにいいかな、と軽い気持ちで読んでみました。

しかしセブンティウイザンを読み終えるころには、顔がグシャグシャになる程に号泣。

是非出産を迎える前に一度セブンティウイザンを読んでほしいと思うので、少しだけ内容を紹介したいと思います!

セブンティウイザン1巻あらすじ(ネタバレ注意)

セブンティウイザンの導入部分をちょっとだけ!

定年退職した主人公の江月朝一65歳は、会社の後輩達からも厄介者扱いされて、ようやく65歳の定年で辞めてくれる、と囁かれるような存在。

子宝には恵まれませんでしたが、5つ年上の妻夕子(70歳)と支えあい生きてきました。

朝一は定年後、妻と温泉に行ったり、のんびりすごして、定年後ライフを楽しもうと考えていました。

そんな事を考えながら退職日に帰宅したら、妻の夕子から衝撃の一言がこちら。

「私、妊娠しました」

妻の妊娠に戸惑う朝一と、もう出産すると決めている夕子。

二人の妊娠・出産を通したやりとりを描いた作品です。

レッサー母さん
レッサー母さん
個人的には、赤ちゃんのエコー写真を見ても「ガン??」と現実を受け入れられない夫・朝一が、妻・夕子の覚悟を知り共に「親」になっていくのが印象的です。

セブンティウイザンから感じる事

セブンティウイザンは70歳での出産をただ面白おかしく描いた漫画ではありません。

命と向き合う姿勢の重さがあります。

老いたる身で親になるということの責務の重さや葛藤。

それでも親になると誓う、決意の重さ。

この決意は決して彼らだけに言える事では無いんです。

妊娠し、出産を決めた私達全員に必要なモノだと思います。

それを教えてくれる漫画です。

コウノドリは産婦人科医からの目線ですが、セブンティウイザンは妊婦の旦那さんの目線から描いています。

少し気後れしてしまう部分も含め、ぜひ夫婦で読んでほしい漫画です。

 

レッサー母さん
レッサー母さん

ただし、号泣必至なのでぐちゃぐちゃな顔を見られたくない場合は、ひっそり読みましょう笑

間違っても通勤途中の電車などでは読まないでくださいね!

ドラマ コウノドリについてはこちらの記事をご覧ください。

毎週号泣しながら観る方が続出しました。

ドラマ コウノドリを妊婦さんにおすすめする理由コウノドリというドラマをご存知ですか? 漫画が原作のドラマで、未受診妊婦・胎盤早期剥離・子宮破裂・幼い2人の妊娠・特別養子縁組など、産婦人科を取り巻く様々なテーマを取り扱ってきました。 そんなコウノドリですが、これから赤ちゃんを迎える方にぜひおすすめしたいです。...

セブンティウイザンは号泣必至

いかがでしたでしょうか?

妊娠中は不安な事も多く、ストレスも溜まるかと思います。

そんな時にはちょっと立ち止まって、涙を流してみるとスッキリするかもしれません。

リラックスしてこの漫画を開くことで前向きな気持ちになれる事をお祈りしています。

レッサー母さんの楽天ルームを見る
[copy_btn]