授乳期

乳頭吸引器の使い方は?陥没・扁平乳首でも完全母乳になりたい方へ

 

突然ですが、あなたは乳首が短かったり、小さかったり、硬かったりして、

こんなおっぱいじゃ完全母乳は無理かな?諦めた方がいいのかな…?

と弱気になっていませんか?

陥没乳首・扁平乳首など乳首にも個性がありますからね。

でも諦める前にまずは試してほしい方法があります。

それは乳頭吸引器です。

 

この記事では『乳頭吸引器って何?』、『乳頭吸引器ってどうやって使うの?』、『乳頭吸引器って痛そう・・・。』という疑問や不安を解決できたらと思います!

乳頭吸引器とは?

乳頭吸引器とはどのような道具なのでしょうか?

乳首を赤ちゃんが吸い付きやすい形に変形させるものです。

乳頭吸引器には、ポンプタイプと装着タイプの2タイプがあります。

私は価格の安いポンプタイプの方は使用しましたが、十分でした。

ポンプタイプ

価格がお手頃でコンパクトですが、自分で吸引する必要があります。

装着タイプ

つけたまま下着をつけて生活できますが、事前にローションを塗る必要があります。

乳頭吸引器を使うとどうなるの?乳首は矯正できる?

小さな道具ですが、乳首はこの様に変化します。

乳首の状態 使用前・使用後

硬い⇒柔らかく伸びる

短い⇒伸びる

小さい⇒少し大きくなる

人それぞれ個性のある乳首ですが、赤ちゃんが飲みやすい乳首にしてくれるんです。

乳頭吸引器の使い方は?

乳頭吸引器の使い方は非常に簡単です。

ここではポンプタイプで説明します。

  1.  スポイトの要領でピンクの部分を押したまま、乳首にくっつけます。
    すると乳首に吸い付き、中で驚くほど乳首が大きくなります。
  2.  5~10秒程そのまま待ち、その後ゆっくり乳頭吸引器を外します。
  3.  吸った時に母乳が出た場合、出た分は直接赤ちゃんの口に流し込んであげます。
    少しずつ流すと上手に飲んでくれます。
  4.  ①②③を何度か繰り返し、その後赤ちゃんに直接乳首をくわえさせます。

私が初めて乳頭吸引器を使用した際は、赤ちゃんが数回ですが直接吸ってくれました。

この時は本当に感動しました。

少しでも吸ってくれたら、あとは毎回の授乳でひたすら繰り返すのみです。

乳頭吸引器って痛いの?

 

 

 

 

 

 

使用し始めた頃は、多少引っ張られる感覚が痛かったです。

痛みがある場合は押す力を加減しながら、

少しずつ乳頭吸引器に慣れていきましょう。

万が一乳頭が切れてしまった場合は、拭き取らなくても赤ちゃんの授乳への影響が無い、ランシノーやリペアニプルを塗りましょう。

乳頭吸引器は洗える?

乳頭吸引器は使用後洗い、パッケージの表示に従い消毒しましょう。

赤ちゃんの口にも直接触れるので、常に清潔な状態を保ちましょう。

どれくらい続けるの?

乳頭吸引器を毎回の授乳の度に使用するのは、少し面倒に感じるかもしれません。

一日や二日では乳首を矯正する事は難しいです。

例え、その時矯正できたように見えても、数時間経つと元の乳首に後戻りしていたり・・・。

根気が必要ですが、完全母乳を目指しているのであれば、無理のない範囲で頑張りましょう。

参考までに私の場合は、二週間位で乳頭吸引器を使用しなくても、直接飲んでくれるようになりました。

赤ちゃんにも自分にも試練でしたが、徐々に乳首が伸びて飲みやすい乳首になりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

母乳が出ないのは様々な原因が重なっている場合があります。

乳頭の形だけでなく、ママの栄養・水分不足、乳房の詰まりなど。

自分で原因が分からない場合は、近くの助産院や出産でお世話になった産院、自治体の保健師さんに聞いてみましょう。

みなさん母乳育児の専門家なので、親身になって相談に乗ってくれますよ。

私は桶谷式乳房マッサージを受けたので、詳しくはこちらの記事にまとめました!

https://kimagurepuremama.site/mezasekanbo2/

レッサー母さんの楽天ルームを見る
[copy_btn]