その他ベビー用品

妊娠中の妊婦さんの寝方・シムス位とは?使いやすい抱き枕も!

妊娠すると気になるのが寝る時の姿勢。

妊娠してお腹がどんどん大きくなると、寝苦しくなり、

どうにか快適に眠れないものかと、寝方を色々変えてみる人も多いでしょう。

私は寝付くまでに時間がかかり、何度も姿勢を変えていました。

 

仰向け寝だと苦しいし、うつ伏せ寝だとお腹の赤ちゃんが苦しそう…

妊婦さんにはどんな寝方が最適なのでしょうか。

寝方には人それぞれ癖があるので、自分が楽に寝られる姿勢が一番良いのですが、

妊娠中の身体は自分一人のものではないですよね。

だからこそ、妊婦さん自身が楽で、赤ちゃんにも安全な寝方を知っておきたいものです。

妊婦さんは仰向けで寝ない方がいい?

仰臥位(ぎょうがい)とも言われる、背中を下にした、

いわゆる『あおむけ寝』は、おそらく最もポピュラーな寝方ですよね。

私もそうですが、妊娠前には仰向けで寝ていたという方は多いと思います。

 

そんな妊婦さんにとっては、仰向けでないと寝にくいこともあるかもしれません。

しかし、お腹が大きくなってきた妊婦さんが仰向けで寝ると、

意外な危険性が潜んでいるのはご存知でしょうか。

仰向け寝の危険性

妊婦さんが仰向けで寝ないほうがいいといわれる原因は、仰臥位低血圧症候群になる可能性があることです。

大きくなった子宮が下大静脈を圧迫すると、急激に血圧が低下し、妊婦さんの脳や赤ちゃんへの血液の循環が滞るという症状です。

仰臥位低血圧症候群が起こると、妊婦さんは気が遠くなるような感覚に陥り、最悪の場合は気絶してしまいます。

 

長時間このような状態が続くと、お腹の赤ちゃんの心拍数が下がり、赤ちゃんに酸素が行き届かなくなる、いわゆる低酸素状態になってしまいます。

そのまま放置しておくと、母子ともに危険が及びます。

仰向けで寝ると必ずなるという訳では無い様ですが、避けた方が良いと思います。

私の仰向け失敗談

さらに私自身も本当に仰向けは止めた方が良いと思う理由があります。

妊娠8か月頃から現れた症状なのですが、寝ている途中でどうしても癖で仰向けになってしまい、そのまま朝を迎えると、子宮の重みのせいか腰がとても痛くなっていました。

 

腰だけでなく、何故か恥骨の辺りも痛くなります。

午前中ずっと腰が痛くなってしまうので、家事をするのも一苦労。

みなさんにはそうなってほしく無いので、是非、妊娠が分かったらすぐにでも、妊婦さんに適した姿勢で寝るクセをつけましょう。

妊婦さんにお勧めの寝方

妊婦さんにお勧めの寝方がシムスの体位。

医師や助産師からシムスの体位で寝るようにと言われて、頭にはてなマークがついた方もいらっしゃるのでは?

 

シムス体位とは、アメリカの産婦人科医J・マリオン・シムズが提唱した体勢で、妊婦さんにとって最も楽に寝られる体位として世界各国に広まりました。

妊婦さんが楽に寝られるだけでなく、こん睡状態の方の気道確保や直腸検査の際にも取られる体勢です。

ここでは妊婦さんが取るシムスの体位とはどのような体勢か、詳しく見てみましょう。

シムス位とは?左手はどうするの?

シムス位では、体の左側を下にして、横向きに寝ます。(逆でもOKです!)

妊娠中期以降は胎児や羊水の重みで子宮周辺の血管が圧迫されて血流が滞り、

低血圧やめまいを引き起こす危険性があります。

シムス位をとることで、血液の循環がよくなってリラックスできる効果があります。

シムス位をとるときは、以下の姿勢を心がけましょう。

  • 下にある左足を真っ直ぐ伸ばす
  • 右足は足の付け根から曲げ、膝も曲げた状態にし、曲げた膝はベッドの上に置きます
  • お腹に負担が掛からない程度に、少しだけうつ伏せ気味に体をかぶせる

これが、シムス体位のポイントです。

体の下にくる左腕をどうするか、が少し悩みどころですが、背中側に回すのも良いようです。

でも身体が硬い方は、その姿勢が恐らくつらいので、布団や枕、抱き枕などを使って調整しましょう。

辛い時はクッションに頼る

何もない状態でシムス体位をすると、落ち着かなかったり、肩が痛くなったりと少し寝苦しいかもしれません。

そんな時は抱き枕を使うととても楽になります。

 

抱き枕を利用すると楽な姿勢を取れるだけでなく、おなかと寝具の間にこもりやすい熱気を適度に逃がしてくれると言われています。

抱き枕は妊娠初期から出産までだけでなく、授乳の際にも授乳クッションとして必須アイテムなので、早めに準備するのが良いと思います!

おすすめ抱き枕

それでは実際に、授乳クッションにもなる抱き枕をピックアップしてみましょう。

三日月抱きまくら

こちらは身体にフィットしやすい三日月型で抱き枕です。

丸洗いできるので、ずっと使っていても衛生的で安心です。

ちなみに出産後は少し形を変えて、授乳クッションとしても使えるのも魅力ですね!

MOGU 気持ちいい抱き枕

こちらはパウダービーズのクッションです。

あの、一度触ったら離れられない子です。

表面もサラサラ生地なので、熱がこもってホカホカになっちゃう心配もありません。

こちらは授乳クッションにするのは難しいかもしれませんが、

産後も手放せない事間違いなしの一品です。

やっぱり抱き枕と授乳クッションは兼用したい、という方におすすめなのがこちら。

ふっくらとボリュームがあるので、授乳がとってもしやすいです。

安価な薄めのものだと、膝の上に授乳クッションを置いて、

その上に赤ちゃんを置いても胸の高さまで来ません。

授乳は一日に何度も、半年以上しますよね?

まとめ

妊婦さんの寝方についてご紹介しました。

安眠さえできれば、どのような寝方で寝ようと構わないような気がしますが、

妊娠後期になって仰向けで寝ることには、仰臥位低血圧症候群などのリスクがあります。

妊娠後期にお勧めの寝方は体の左側を下にするシムスの体位。

ただし、おなかの赤ちゃんの向きや体勢は一人一人異なりますので、

どうしても不快感を感じて寝られないようだったら、医師に相談してみましょう。

臨月妊婦の辛いしんどい体調変化アレコレ現在妊娠10ヶ月目、絶賛臨月謳歌中の気まぐれプレママです。 みなさんは臨月というとどういったイメージをお持ちでしょうか? 私...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!