妊娠・授乳中の食生活

妊婦がお家に遊びにくる時におすすめの飲み物は?

妊婦さんといえば、食べ物や飲み物の制限が多いイメージがありますね。

毎日飲んでいる飲み物が、飲まない方が良いものの場合もあります。

妊婦さんがお家に遊びに来る場合、どんな飲み物を出すと良いのでしょうか?

おすすめの飲み物はあるのでしょうか?

妊婦さんにおすすめの飲み物と、妊婦さんが飲むべきではないNG飲み物をご紹介するのでおもてなしにお役立てください。

レッサー母さん
レッサー母さん
ギフトにも人気の安産の為のお茶、ラズベリーリーフティーについてはこちらをご覧ください。
ラズベリーリーフティーとは何か効果説明
安産の為のお茶ラズベリーリーフティーって何?みなさんは安産にする為に何か特別な事をしていますか? お散歩する事が安産に繋がる、という事で毎日ウォーキングに精を出している妊婦さ...
\ 先輩ママに圧倒的人気 /

安産になる飲み物をみてみる

妊婦が家に遊びにくる時の飲み物

妊婦さんが家に遊びにくるけど、何に気をつけてあげればいいの?
飲み物はどうすればいいの?分からない!

という方多いですね。

結論から先に言うと、無難なのは『麦茶』!

麦茶を飲めない方は少ないし、妊婦が避けるべきカフェインは含まれていません。

妊婦さんへのおもてなし飲み物

でも麦茶を夏以外の季節にお出しするのは、抵抗がある方も多いと思います。

また、遊びにくる妊婦と仲が良く妊娠前の飲み物の好みを把握しているのだったら、少し工夫してみてはいかがでしょうか?

例えば、

コーヒー好き→カフェインレスコーヒー

紅茶好き→カフェインレス紅茶

お酒好き→ノンアルコールビール

などです。

そもそもカフェインやアルコールは、妊婦さんになぜ良くないのか知りたい方はこちらをご覧ください。

その後で美味しいカフェインレスコーヒー・カフェインレス紅茶・ノンアルコールビールの紹介をしたいと思います。

妊娠中・授乳中のカフェイン摂取について

まずは制限するべき成分として有名な、カフェインについてです。

カフェインと言えば、思い浮かべるのがコーヒーですが、その他にも様々な飲み物にカフェインが含まれています。

カフェインは絶対に摂取してはいけない訳ではありません。

お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、1日に150mgくらいまでに抑えるのが良いとされています。

 

妊娠した途端、一切のカフェインを断つ妊婦さんがいらっしゃいますが、我慢しすぎてストレスを溜まってしまうのであれば、それは逆効果です。

産婦人科医も「コーヒーは1日に2杯までなら大丈夫」と言っています。

最初は飲みすぎに注意して、ゆくゆくはノンカフェインに切り替えていくのが理想的ですね。

飲み物に含まれているカフェイン量

先ほどカフェインは1日に150mgまでと記しましたが、それは一体どの程度の量なのでしょうか?

飲み物に含まれるカフェイン量の一覧表を作成しました。

種類カフェイン量
(150mlあたり)
種類カフェイン量
(150mlあたり)
コーヒー60mg紅茶30mg
カフェオレ40mg玉露180mg
ココア50mg緑茶30mg
エナジードリンク30mg烏龍茶30mg
コーラ15mgハーブティー0mg
麦茶0mgルイボスティー0mg

妊娠中・授乳中のカフェイン摂取の影響

そもそもなぜ妊娠中・授乳中はカフェイン摂取が良くないのでしょうか?

アメリカの研究によると、カフェイン摂取量が1日に200mg以上の妊婦さんは、全くカフェインを摂取していない妊婦さんに比べ、流産の確率が2倍になると報告されています。

また、イギリスの研究によると、カフェイン摂取量が1日に100mg以下の妊婦と比較し、100mg~199mgのカフェインを摂取した妊婦さんは、未熟児(低出生体重児)の赤ちゃんが生まれるリスクは20%高くなり、200mg~299mgを摂取した人は40%、300mg以上で50%高くなると報告されています。

 

また、授乳中のママと赤ちゃんにも問題が起こりえます。

授乳中はママが摂取したカフェインが母乳にも入るため、過剰にカフェインを摂取すると、赤ちゃんがなかなか寝てくれなかったり、落ち着きがなくなったり、ぐずりやすくなると言われています。

出産したからもう大丈夫、という訳にはいかないので、赤ちゃんの為にも、赤ちゃんが卒乳するまではカフェイン制限を続けましょう。

カフェインレスコーヒー

妊娠・授乳中のカフェイン摂取が良くないと言われても、いきなりコーヒーを制限するのは辛いという方も多いと思います。

そんな妊婦・授乳ママに人気なのが、カフェインレスコーヒー(デカフェ)です。

最近ではスターバックスコーヒーやタリーズコーヒー、ローソンのマチカフェ(一部店舗)などでも取り扱われています。

カフェインを摂取すると夜眠れなくなったり、お腹が緩くなる体質の方や妊婦さん・授乳中のママさんを中心に人気を博しています。

日本ではここ数年で一気に知名度が上がりましたが、海外では以前から人気があり、割と小さなカフェなどでもメニューにあり、文化として浸透しています。

日本では、インスタントやペットボトルで売っているお店はまだ少ないのが現状です。

楽天・Amazonでは取り扱いの種類が多く、持ち帰る苦労が無いので、おすすめです。

レッサー母さん
レッサー母さん
もっと詳しくカフェインレスコーヒーについて知りたい方は、こちらの記事へ!

https://kimagurepuremama.site/oishii-decaf/

カフェインレス紅茶

続いてはカフェインレスの紅茶についてです。

コーヒーに比べると含まれるカフェインの量は少ないですが、1日に何杯も飲む方はカフェインレスの物をチョイスすると良いと思います。

紅茶の種類は自由ですが、私のおすすめはアールグレイです。

100袋入りでコスパが良いので、普段使いにぴったりです。

アールグレイとは、茶葉にベルガモットの香料で香りをつけたもののことを指します。

ベルガモットの香りには、イライラした気持ちを鎮静する作用や抗うつ作用、気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれます。

食欲を調整する作用もあり、つわりなどの食欲不振や摂食障害などの食生活上の問題の改善にも役立ちます。

においつわりなどが辛い方には不向きかもしれませんので、ご自身の身体と相談して飲むようにしましょう。

カフェインレス紅茶 6種お試しセット

紅茶には様々なフレーバーがあるのが楽しいですよね。

こちらは6種類が試せるので、色んな味を試してみたい方におすすめ!

パッケージもアリス風でかわいいので、優雅なティータイムを過ごせますよ♪

妊娠中・授乳中のアルコール摂取について

続いては、こちらも妊娠初期にはちょっぴり辛い、アルコールの摂取についてのお話です。

妊娠中・授乳中のアルコール摂取は、胎児性アルコール症候群を引き起こす可能性があります。

胎児性アルコール症候群とは、赤ちゃんがママのお腹にいる間に、ママが摂取したアルコールの影響により、胎児の発育が遅れる、脳の発育が不十分で言語や学習に障害を持って産まれるなどの症状があります。

少量ならばアルコール摂取が可能とはいわれていますが、はっきりした摂取してよい量はまだわかっていません

海外の妊婦さんは、あまり気にせずワインを飲む、という話を聞いた事があるかもしれませんが、日本人は元々アルコールの分解酵素が少ない人種です。

要するに、欧米人より、アルコールの影響を受けやすい体質です。

なので極力避けるようにしましょう。

どうしても我慢しているとイライラするという場合は、一週間にビール1杯程度は影響が無いと言われています。(※自己責任です)

それ以外はノンアルコールドリンクでセーブしましょう。

ノンアルコールビールを上手に使おう

私は元々ビールが大好きなので、妊娠中はノンアルコールビールを愛飲していました。

最近のノンアルコールビールは、アルコールが入っていないとは思えない様なハイクオリティーの製品もあり、ストレス解消にもとても役立ちます。

レッサー母さん
レッサー母さん
ノンアルコールビールを徹底比較した記事あります!
ノンアルコール ビール 比較 飲み比べ
2019年最新ノンアルコールビール比較!妊娠中・授乳中の我慢もゼロ!突然ですが、皆さんはお酒は好きですか!?私は、妊娠前は毎日でも飲みたいくらいの超ビール党でした。妊娠したのはもちろんとっても嬉しかったのですが、妊娠・授乳中はお酒が飲めないのはやっぱり寂しく辛いもの。ビールは飲めませんが、たまにはアルコールが0.00%のノンアルコールビールを飲んでストレス発散しちゃいましょう!ビール大好きな私が実際に全て飲み比べた、2019年最新ノンアルコールビール比較を一挙ご紹介します!これを読めば、あなたにぴったりのノンアルコールビールが必ず見つかるはず!...

 

レッサー母さんの楽天ルームを見る