エンタメ

映画『コウノトリ大作戦!』の見どころ・感想

みなさんはコウノトリ大作戦!というアニメーション映画をご存知ですか?

赤ちゃんを運んでくると言われているコウノトリという鳥が主役の冒険映画です。

かわいい赤ちゃんが出てきて、心がほっこりする事間違いなしです。

コウノトリ大作戦!の見どころを簡単にご紹介したいと思います!

映画『コウノトリ大作戦!』を観たきっかけ

今回私が観たのは『コウノトリ大作戦!』というワーナーのアニメーション映画です。

『1時間半弱なので、長すぎず気楽に観れそう!』

『なんか赤ちゃんかわいいし!』

というだけの理由でこの映画に決めました。

かわいい・・・!!!

コウノトリが赤ちゃんを運んでくる事にちなんだ、コウノトリ目線の映画です。

自分が出産を経験して、そういうのに敏感になっているのかもしれませんね 笑

『コウノトリ大作戦!』は設定がぶっ飛んでる

この映画の中では、人間が『赤ちゃん申込書』を送ると、コウノトリが『赤ちゃん工場』で製造して運んできてくれる、というシステムです。

なので、妊娠する、という現象が起こらないんです!!

観始めてから『はい!?』とショックを受けましたが、設定がぶっ飛んでいてなかなか面白いです。

『コウノトリ大作戦!』の見どころ

それではさっそくコウノトリ大作戦!の見どころを紹介していきます!

1.ストーリー

主人公のコウノトリと人間のお姉さん?が協力して赤ちゃんを運ぶのですが、途中でオオカミの集団に追われたり、スパイに追われたりといくつかの困難に遭遇します。

もちろん困難な事ばかりじゃないです。

終盤のハートフルな展開に、いつの間にか私は泣いていました。

コウノトリが起こすドタバタを自身の妊娠中の事と重ね合わせ、赤ちゃんが無事に生まれてくれたのは当たり前の事じゃないんだな、と考えさせられるかもしれません。

2.赤ちゃんの可愛さが犯罪級

どんな時も楽しそうにキャッキャ、キャッキャ言ってる赤ちゃん。

本当に可愛いし癒されます。

もちろん本物の方が可愛いんですけどね!笑

3.育児シーンに共感

主人公のコウノトリとお姉さんが、不慣れながら一生懸命ミルクをあげたり、夜泣きに付き合ったりして育児に奮闘します。

育児をしている方は『分かるわ~!!』と共感する事間違いなし。

ぼーっとする時間を大切に

最近私はぼーっとする時間を大切にしています。

朝から晩までやらなければならない事はありますが、『やらなきゃ!』と思えば思うほど身体が動かなくなります。

そんな時は赤ちゃんが寝ている間に何もせずぼーっとしてみるんです。

テレビを観たり、スマホゲームで遊んだり、一人でティータイムを楽しんだり。

すると、またやる気が戻ってくるんです。

育児はママ以外に代わりが効かないし、疲れる事もあるかもしれませんが、時には『ぼーっとする』のを思い出してくださいね!

 

 

レッサー母さん
レッサー母さん

マンガが好きな方は、70歳で妊娠する女性と旦那さんの奮闘物語『セブンティウイザン』もおすすめです。

レッサー母さんの涙腺が崩壊したマンガの魅力はこちらで紹介しています!!

 

セブンティウイザンは妊婦さんに読んでほしい号泣マンガ

セブンティウイザンは妊婦さんに読んでほしい号泣マンガ妊娠にまつわるマンガでお薦めしたいマンガがあります。 それはセブンティウイザンです。 2016年から連載がスタートした、70歳で超高齢妊娠をした夫婦の物語です。(実話ではありません) 信じられない様な話ですが、画風がほんわかしていて可愛いので、話のネタにいいかな、と軽い気持ちで読んでみました。 しかしセブンティウイザンを読み終えるころには、顔がグシャグシャになる程に号泣。 是非出産を迎える前に一度セブンティウイザンを読んでほしいと思うので、少しだけ内容を紹介したいと思います!...
レッサー母さんの楽天ルームを見る
[copy_btn]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA