妊娠中の病気・トラブル

妊娠中はインフルエンザ予防接種を受けていい?

妊娠中は免疫力が低下する、と聞いた事があるかもしれません。

季節の変わり目で風邪など引き、すでに実感している方もいらっしゃるかもしれませんが、特に気を付けたいのがインフルエンザですよね。

厚生労働省は、流行時期の冬に入る前のインフルエンザの予防接種を推奨しています。

ですが妊娠中の場合、インフルエンザの予防接種をしても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中のインフルエンザ予防接種について、胎児に悪影響を及ぼさないか、万が一インフルエンザにかかってしまったら、インフルエンザに効く薬は飲んでもよいのか、詳しくご説明したいと思います!

妊婦さんのインフルエンザ予防接種

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、死んだウイルスを使用しているので毒性はありません

ですから妊娠中に予防接種を打っても、母体・胎児共に影響は極めて低いとされています。

よって、妊婦さんが希望する場合は予防接種をしても良いとされています。

ワクチンには防腐剤として、有機水銀(チメロサール)が入っているものがあります。

チメロサールは妊婦さんにも胎児にも問題がないとされていますが、気になるようでしたらチメロサールが含まれないタイプのワクチンもありますので、気になる方は病院で確認する事をおすすめします。

ワクチンの接種時期に関しては、妊娠の全期間において可能です。

ただし、妊娠初期は特に身体がデリケートで、自然流産が起こりやすい時期でもあるので避けたほうが良いとも言われています。

予防接種を受ける場合は、医師にあらかじめ妊娠中である事を伝えましょう。

妊娠中にインフルエンザになってしまった時の対処法

妊娠中にインフルエンザらしき症状が出た場合、早めに病院へ連絡し、受診しましょう。

病院を受診する場合は、できれば受診している産婦人科は避け、一般病院へ受診してください。

なぜなら、産婦人科を受診してしまうと、他の妊婦さんへうつしてしまう可能性があります。

院内感染など起きてしまうと大変なので、極力避けた方が良いでしょう。

どうしてもいつもの産婦人科で診てもらいたい場合は、受診前に電話をすることで、

他の妊婦さんへの感染を防ぐ対応をしてくれる所もあるそうです。

赤ちゃんの為にも薬を飲みたくないから自力で治す!

という妊婦さんも少なからずいらっしゃるようですが、おすすめしません。

妊娠中は免疫力が低下しているので重症化しやすく、最悪の場合死に至るケースもあるそうです。

亡くなる原因としては、抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)の投与が遅れた事が決定的です。

特に妊娠28週以降の妊婦さんはインフルエンザが重症化しやすいそうです(WHO世界保健機関による)。

万が一感染してしまった場合は、発症してから48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば重症化を抑えられます。

時間との戦いなので、おかしいと思ったらすぐに受診したほうがいいですね。

ちなみに抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)は妊婦さん・胎児ともに悪影響はありませんので、必要な際は拒まず受けた方が良いと思います。

インフルエンザ予防の基本

インフルエンザにまずはかからない事が大切なので、基本的な予防法を今一度おさらいしましょう。

 

インフル予防①まずは正しい手洗い

こまめに念入りに洗いましょう。

インフル予防②十分な睡眠

睡眠が不足していると免疫力が低下してしまうので、妊娠中寝苦しい事もありますが、睡眠時間を確保するようにしましょう。

インフル予防③適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使い、適切な湿度(50%~60%)を保つようにしましょう。

睡眠時に口呼吸になってしまい、朝起きたら喉がカラカラという方もいると思います。

そんな方は、少し濡らしたマスクをしたまま眠ると朝まで喉がしっとり保てますよ。

インフル予防④人ごみを避ける

インフルエンザ流行期の1~2月は特に不要不急の場合を除き、極力控えましょう。

外出する際はもちろんマスクは必須です。

インフルエンザ予防は家族みんなで

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザ予防接種は妊娠中でも受けられる、タミフル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬も、妊娠中の服用は可能ということですね。

しかし、まずはインフルエンザにかからないように予防対策に努めましょう!

インフルエンザにかからない為には、旦那さんやお子さんなど一緒に住む家族の協力が必要です。

一人が感染すると、どうしても移りやすくなってしまうので、家族全員で予防対策を徹底しましょう!

レッサー母さんの楽天ルームを見る
[copy_btn]