子育てとお金

産後の独身の友達との付き合い方。74億個の幸せの形

優しい旦那さんに出会い、結婚して超絶かわいい子供に恵まれて幸せ。

産後毎日大変だけど、まあ楽しい。

 

だけど、だけど。

独身でキラキラしている友人のSNSを見ると

なぜかモヤっと・・・。

そんな経験、ありませんか?

レッサー母さん
レッサー母さん
私はあります!

そんな気持ちとどう向き合うべきか、独身の友達との付き合い方を考えてまとめてみました。

SNSをみるたびにモヤっとイラっとしてしまうママは読んでみて下さい。

産後の独身の友達との付き合い方

産後は何から何まで生活が一変します。

その中でどの様に産後、独身の友達と付き合うべきなのでしょうか。

自分の幸せを認識する

まずは自分の状況を確認しましょう。

運よく結婚をして、運よく子供が産まれている。

それだけで実は結構なラッキーガールです。

 

当たり前の事だと思っちゃいけないんです。

それを再認識して、自分を認めてあげましょう。


全てを手に入れるのは難しい

夜な夜な女子会に繰り出すのも楽しい。

仕事に精出すのも楽しい。

色んな男と遊ぶのも楽しい。

よほど要領のいい人なら、遊びも仕事も子育ても両立できるのかもしれない。

だけど、ほとんどの人はそんな事できません。

 

全てを手に入れるのは相当難しいです。

自分が選んだ道に自信を持つ

今の状況は自分が選んだ選択肢の積み重ねです。

10年前の自分、昨日の自分、今日の自分、明日の自分。

 

途切れる事なく、毎日が続いてます。

辛かったことや苦しかった事、全てを乗り越えて手に入れた、あなたの『今』の状況に誇りを持ちましょう。

写真映えしない幸せ

ささやかな幸せは、写真映えするものばかりではないかもしれません。

幸せの瞬間は動画や写真に記録できないかもしれません。

初めてのお喋り。

初めての笑顔。

初めての寝返り。

離乳食でべたべたになった口元。

子供の便秘が数日ぶりに解消された瞬間・・・。笑

 

これらは確実に子供が産まれなければ、絶対に分からなかった喜びだと思います。


いい刺激として捉える

普段子供やママ友とばかり接していると

独身の友人の様な、キラキラした生活に触れる機会は少ないです。

それはそれで刺激として感じてみる、というのも良いかもしれません。

例えば美容は手抜きになりがちですが、独身だろうが既婚だろうが

綺麗でいたいのはみんな一緒です。

 

レッサー母さん
レッサー母さん

私は産後ボロボロになったので、ママサポートイズミというママサプリを使ってました。

詳しいレビューはこちらで紹介してます。

 

ママサポートイズミの口コミは正しい?実際に試してみた麹(こうじ)から作られた、母乳育児でも飲めるママサポートイズミというオールインワンタイプの産後サプリを飲み始めました。ママサポートイズミは、産後サプリの中でもSNSや口コミを中心に、じわじわと人気の高まりをみせています。ママサポートイズミの口コミだけでなく、半年以上飲み続けている私自身の体験レポートも詳しく掲載しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね! 果たしてママサポートイズミの口コミは正しいのでしょうか!?...

制約を伝える

結婚して、子供がいると独身の頃の様に、時間を気にせず、お金を気にせず、友達と遊ぶのは難しくなります。

無理して独身の人に合わせて遊びますか?

私はその必要は無いと思っています。

レッサー母さん
レッサー母さん
時間は〇時まで。ご飯はちょっぴり節約がいいな!

と伝えて、それで断ってくる友人とはもう付き合いません。

 

極端に感じるかもしれませんが、

我慢して付き合ってもお互い楽しめないですからね!

それに本当の友達はそんな事では離れません。

レッサー母さん
レッサー母さん
もちろん産休・育休中でも在宅ワークをしてたくさん稼げば、節約する必要はありませんよ。
妊娠中の派遣・短期バイトについて
短期・単発派遣で仕分け・軽作業は妊娠中でもできる?妊娠をきっかけに仕事を退職したり、産休に入ったりと、少し時間に余裕が出来る妊婦さんも多いと思います。 私自身、妊娠してからはほぼ自...

独身の友達と少し距離を置く

なにをしてもモヤっとしたきもちが拭えない。

そんな時は少しだけ独身の友達から距離を置いてみましょう。

SNSを少しの間、更新しないというのも有効な手段です。

 

子育てに忙しいと感じてもらえれば、SNSで反応しなくてもそっとしておいてくれます。

今までのアカウントと別の育児専用アカウントを作るのもおすすめです。

レッサー母さん
レッサー母さん
各SNSのママ垢活用法はこちらの記事で紹介しています。
SNSで全国の妊婦さん・ママと繋がろう!それぞれの活用法と特徴をまとめてみたみなさんはSNSは利用していますか? なかなか外出しづらい妊娠中・新生児期でも、 と思うことは多いと...

子供の顔を見つめる

最後はやっぱりこれ。

どうしようもない気持ちになった時の1番のくすりになります。

自分の悩みが、いかにちっぽけなのか分からせてくれます。

『この子がいれば何だって出来る』

そう思える事が子育て世代の一番の幸せと言えるのではないでしょうか?

 

 

レッサー母さん
レッサー母さん

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

プレママネットの最新情報はTwitter(@kimagure_pmama)で発信しています。

 

 

 

レッサー母さんの楽天ルームを見る
[copy_btn]