子育て

母乳不足を解消する攻めの混合授乳法を大公開!

完全母乳を目指す人の為の攻めの混合授乳法

こんにちは、レッサー母さん(@kimagure_pmama)です。

私は出産後すぐは母乳不足で、産後3ヶ月経ってようやく完全母乳になれました。

完全母乳にしたい、というと大抵助産師さんや保健師さんは、

助産師さん
助産師さん
なるべく粉ミルクを足す混合授乳にせず、頻回授乳で頑張りましょう!!

と言いますが、正直泣きたくなる程辛いですよね。

どうしてもプレッシャーになってしまい、ストレスで余計に母乳が出なくなりました。

そんなどん底の状態から、混合授乳にしたら不思議と母乳が十分に出るようになったんです。

完全母乳を諦めた訳ではなく、むしろ母乳量を増やすために粉ミルクを上手く活用する方法をお伝えしたいと思います。

レッサー母さん
レッサー母さん
母乳不足で心が折れかかっている方は是非!(あくまで私の主観ですが)

母乳不足時は粉ミルクも与える

母乳不足の時には、粉ミルクもしっかり与えます。

助産師さんや保健師さんは粉ミルクは与えず、頻回授乳で昼も夜も頑張れとおっしゃってましたが、実際やってみるとめちゃくちゃしんどい。

満足してないから、授乳後も泣くわなくわ・・・。

寝不足で鳴き声を聞くからイライラが止まらない。

赤ちゃんの母親は自分一人なのに、身体がもたないです。

粉ミルクを与えた理由と、粉ミルクの与え方にポイントがあります。

母乳不足で粉ミルクを足した理由

授乳後に満足していない、不機嫌な赤ちゃんを見るのは母親のメンタルがやられるからです。

赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちになり、泣きたくなったり焦ったり・・・。

余計にストレスを抱え込んで、母乳が出なくなると思うんです。

完全母乳になるために粉ミルクを足す方法(混合授乳)

母乳と粉ミルクの両方を与える事を混合授乳というのは、ご存知だと思います。

混合授乳にはいろんな方法があります。

  • 毎授乳ごとに不足する分を与える
  • 昼は母乳、夜はミルクというように、時間で分ける

大きく分けるとこの2つになりますが、ここでどっちを選ぶかが重要。

毎授乳ごとに、不足する分を粉ミルクであげるようにします。

母乳が少ししか出ないとしても、その都度おっぱいを空っぽにしなければ次の母乳は作られないからです。

粉ミルクを足す量はどれくらい?

粉ミルクを足す場合、母乳とミルクの合計が粉ミルクであげた場合と同じか、ちょっと少ない位にしておきましょう。

【例】赤ちゃん生後1ヶ月

粉ミルクは1回につき100㎖、1日7回が目安(粉ミルクのフタに書いてある量)

母乳が20㎖しか出なかったら、粉ミルクを80㎖足す。

母乳が少し調子よく30㎖出たら、粉ミルクを60㎖足す。

スプーン1杯で20㎖なので、キリが悪くなってしまったら少ない方を選びましょう。

母乳量はどう計測するの?

母乳が出ているか、どれくらい出ているのかは見た目ではほとんどわかりません。

病産院ではベビースケール(赤ちゃん用の体重計)で、授乳前と後で何グラム体重が増えているか計測して母乳が出ているか判断しますよね。

あのベビースケールをレンタルするのがおすすめです。

もちろん購入しても良いのですが、短期間しか使わないのでレンタルでも十分かと思います。

 

レッサー母さん
レッサー母さん

私は最初レンタルせずに粉ミルクを与えず、頻回授乳していました。

すると、1ヶ月検診で赤ちゃんの体重が出生時より少ないという、危険な状況になっていました。

母乳量が安定するまでは、ベビースケールで体重管理することを強くおすすめします。

混合授乳の授乳間隔は何時間おき?

混合授乳をする際の授乳間隔は人それぞれですが、ミルクは最低3時間は空けなければいけません。

母乳は特に決まりは無いので泣いたらあげる、ミルクは3時間は空ける、という感じでOKです。

【生後1ヶ月頃のある日の記録】

時間母乳量(㎖)粉ミルク(㎖)
0時2080
1時
2時
3時
4時
5時
6時
7時4060
8時
9時30
10時2080
11時
12時20
レッサー母さん
レッサー母さん
生後1ヶ月頃には、ミルクを飲めば朝までぐっすり眠ってくれる日が出てきて、私自身も体力を回復する事ができました。
時間母乳量(㎖)粉ミルク(㎖)
13時2080
14時
15時15
16時2080
17時
18時10
19時1080
20時
21時
22時5100
23時

毎回母乳量を計測していると、段々自分の母乳量にクセが見つかるかもしれません。

この日は分かりやすく傾向が出ていますが、私の場合は午前中は比較的良く出て、夜寝る前はほとんど出ていませんでした。

原因は睡眠不足・疲れです。(こういう時にお昼寝をすると少し母乳量が増えた!)

このように記録してみると、自分の母乳の傾向がわかり、対策もとりやすいです。

母乳量を増やす対策

母乳量を増やす対策は色々ありますが、身体を温めるのがとにかく大事です。

たまにはじっくり浴槽に浸かって温まったり、根菜類を食べたり、温かい飲み物を飲んだりしましょう。

飲み物はいつでも気軽に飲めるので、生後9か月の今でも出来るだけ意識しています。

私はAMOMAのミルクアップブレンドという、母乳のためのハーブティーを飲んでいます。

少しスパイシーな味で、身体が芯から温まるので、冷えやすいママにはピッタリです。

AMOMA公式ページを見てみる

粉ミルクは先に準備してもOK

毎回ミルクを作るのは面倒かもしれませんが、そこはおっぱいを毎回空っぽにし母乳量を増やしていくためにも欠かせません。

少しでもめんどくささを減らすとすれば、先にミルクを調乳しておくと行ったり来たりしなくていいので楽です。

ある程度、自分の母乳の傾向が分かるようになると、これからする授乳が沢山でるか、あまり出ないか予測できるようになります。

そうなったら、授乳前に足す粉ミルクの用意をしてもOKです。

  1. 粉ミルクを作る
  2. 授乳
  3. その間にミルクを冷ます
  4. ミルクをあげる

この流れが私は1番楽でした。

必ずおっぱいは先に吸わせる

間違っても先にミルクをあげない様にしてください。

ミルクの方が飲みやすく、お腹もいっぱいになりやすいので、ミルクの後には母乳は飲んでくれません。

空腹時にはまず母乳が大原則です。

混合授乳ママ
混合授乳ママ
10㎖も出てないし、面倒だからいきなりミルクをあげよっと。
レッサー母さん
レッサー母さん
母乳量を増やしたいと思っているのなら、1~2分でもいいから両方のおっぱいを吸わせてあげて!

赤ちゃんの体重の増え方

生後0~2ヶ月頃は1日あたり35~45g増えていれば大丈夫です。

生後2ヶ月以降は少し成長スピードが落ち着くので、25~35g程増えていれば大丈夫です。

レッサー母さん
レッサー母さん
男女差・個人差もあるので、なかなか増えなくても焦らない様にしましょう。

赤ちゃんの体重も授乳ノートに記録します。

出来れば朝起きてすぐなど時間を決めて、習慣づけましょう。

毎日はかっていても誤差はあるので、1週間など大きなスパンで見るようにしましょう。

1日ごとにみると気になって神経質になってしまうので、おすすめしません。

4000g→1日後4050g(増えすぎ?)

4020g→1日後3980g(減ってる!ミルクもっと増やすべき!?)

便通やおしっこのタイミングもあるので、こんな風に一喜一憂してはいけません。

4000g→1週間後4280g

4280-4000=280g

280÷7=40

1日あたり40gずつ増えてるからOK!

下の計算方法で、1日あたりの体重の増え方が少ないようであれば、もう少しミルクを足すことも検討してみましょう。

母乳量が増えてきたら

続けているうちに母乳量が増えてくるかもしれません。

そんな時は徐々に与えるミルクの量を減らしてみましょう。

レッサー母さん
レッサー母さん
赤ちゃんが極度に不機嫌にならない程度に!

私の場合は昼間は100㎖以上でて、夜でも40㎖位になったので、夜だけミルクを足していました。

さらに、その後夜も充分に出るようになり、生後3ヶ月過ぎでようやく完全母乳に移行する事ができました。

さいごに

一番大切なのは赤ちゃんの健康を守る、成長を支える事です。

完全母乳を目指すママの中には、粉ミルクは絶対にあげないというこだわりを持つ方もいらっしゃいます。

粉ミルクが飲める子は、ママが病気になって薬を飲むときでも安心です。

もちろん母乳が十分に出ているのであればそれでも構いませんが、赤ちゃんの健康・成長を犠牲にしてまで守るべきこだわりではありません。

粉ミルクを十分飲ませてあげて、まずは母親のストレスを減らしましょう。

助産師さんが何と言おうと、赤ちゃんの母親は自分一人。

赤ちゃんが健やかに育つのを心より願っています。

⇒桶谷式母乳マッサージを体験した記事はこちら

母乳が出ない!真剣に完全母乳・完母を目指すVol.2~乳首矯正・桶谷式母乳マッサージ~出産の疲れが癒える間もなく始まるのが、かわいい我が子のお世話。 おむつを替えたり、泣いたら抱っこしたり、授乳をしたり、ミルクをあげ...

⇒母乳育児に関して周りから色々言われて心が折れそうなママへ

真剣に完全母乳・完母を目指す Vol.3~母乳ハラスメント編~生後3か月でやっと母乳育児が軌道に乗りました。 前回までの記事で私が産前にどの様に準備をして、産後に赤ちゃんに乳首に吸い付いてもら...

 

レッサー母さんの楽天ルームを見る