育児便利グッズ

赤ちゃんのお風呂を一人で入れるワンオペ風呂の方法・ポイントは?

平日は一人で赤ちゃんと一緒にお風呂に入る、通称『ワンオペ風呂』を実践しているレッサー母さん(@kimagure_pmama)です!

旦那さんの仕事の都合上、どうしても赤ちゃんと一緒に入浴しなければならない事があると思います。

肌寒くなってきたこの季節、母子共に風邪を引かないようにお風呂に入りたい所ですが・・・

自分がシャンプーしてる間やお風呂上りに、赤ちゃんの身体が冷えちゃう!!

そうですね。。。

たしかに、一緒にお風呂に入ると赤ちゃんが冷えてしまったり、ママが安心して入れない心配があります。

そんなママの為に、私が実践している、ママも赤ちゃんも冷えないワンオペ風呂の方法をご紹介したいと思います!

ワンオペ風呂は準備が8割!

ワンオペ風呂をスムーズに行う為には、準備が大切です。

用意するものは6つ!

  1. バウンサーもしくはバンボの様な椅子
  2. 赤ちゃんの着替え・ベビーローション・綿棒・ヘアブラシなど
  3. 吸水力のある大きめバスタオル
  4. ママのバスローブ
  5. バスチェア・ガーゼ
  6. 浴槽にお湯をはる

バウンサーもしくはバンボの様な椅子

脱衣所にバウンサー、もしくはバンボのような椅子を置きます。

(子供が落ち着いて待っていてくれる方でOK)

ママが先にシャワーを浴びるので、その間脱衣所で待ってもらう為です。

少しおもちゃもあると、いいかもしれません。

まだ寝返りをしない赤ちゃんであれば、クッションにバスタオルなどを敷いたものでも結構です。

赤ちゃんの着替え・おむつ・ベビーローション・綿棒・ヘアブラシなど



【Amazon&楽天 No.1】アロベビー 国産オーガニックベビーローション

お風呂から上がった後に赤ちゃんが着る服を用意しておきましょう。

脱衣所か、なるべく暖かい部屋で着させてあげましょう。

ベビーローションや保湿剤を塗る方や綿棒で耳や鼻のお手入れをする方、ヘアブラシで髪をとかす方など、いつものお風呂上りグッズを一緒に置いておきましょう。

赤ちゃんのへその緒、爪など全身お手入れ方法マニュアル「赤ちゃんの沐浴後のお手入れは毎日した方が良い」これはよくいわれていますし、私も同感です。とはいえ、どうやって赤ちゃんのおへそのお手入れするの?赤ちゃんの爪が小さくて切るのが怖い。という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では赤ちゃんの口周り、耳、鼻、おへそ、爪、髪の毛のお手入れのポイントをご紹介したいと思います。これさえ読めば、赤ちゃんのお手入れは完璧! ...

吸水力のある大きなバスタオル

赤ちゃん用のかわいいバスタオルも魅力的ですが、私は吸水力のある大人用バスタオルをおすすめします。

吸水力が弱いと、いつまでも肌に水分がついてしまい、赤ちゃんの身体が冷えてしまうからです。

理想は高級なホテルにあるようなタオル・・・!!

レッサー母さん
レッサー母さん
新品のタオルは全然吸水しないので、少し使い古したタオル位の方がいいと思います!

ママのバスローブ・ヘアターバン

これがあるとかなり楽になる、お風呂上がりのママグッズです。

バスローブを着て、ヘアターバンをつければ、ひとまずは赤ちゃんに集中できますからね!

夏場は袖なしのバスローブ、冬場は温かい長袖のバスローブにすると良いです。

濡れた髪のまま過ごしていると風邪を引くので、ヘアターバンが欠かせません。

バスチェア・ガーゼ・ベビーソープ

バスチェア・ガーゼ・ベビーソープの3点セットは浴室内にセットしましょう。

赤ちゃんが冷えないように、バスチェアはなるべく入り口から遠い向きに置きましょう。

メッシュタイプのバスチェア


私が使っているのはメッシュのバスチェア。

リクライニングの角度を変えられるので、首すわり前から使う事ができます。

折り畳み可能なので、帰省などで持ち運びする際に便利です!

購入する前はカビが生えたらどうしようと心配しましたが、もう半年以上使っていますがすぐに乾くので、一切カビは生えていません。

温度に注意して浴槽にお湯を張る

お湯は赤ちゃんの適温に合わせましょう。

赤ちゃんと一緒に入る場合、夏は38度~39度くらいのぬるめのお湯、冬は40度~41度のお湯が適しています。

浴室の換気扇がついていると風が吹き寒いので、必ず消しましょう!

冷えないワンオペ風呂の手順

準備は万全。

お風呂に入る手順は人それぞれですが、ここでは2タイプ紹介しますね!

最初から赤ちゃんと一緒に入浴
  1. まず赤ちゃんの身体をシャワーで流し温めつつ、ベビーソープで身体を洗う
  2. ママのシャンプー&トリートメントをつける
    (この間に時々赤ちゃんにシャワーをかける)
  3. 赤ちゃんのシャンプー、顔を濡れたガーゼでふく
  4. ママの洗顔&トリートメントを流す
    (もちろんこの時も赤ちゃんにシャワーをかける)
  5. 二人で浴槽に浸かり、適度に温まり、お風呂から上がる
    (長すぎてのぼせぬよう注意)
  6. 脱衣所に用意しておいた大きめバスタオルで、赤ちゃんをしっかり包む
    (動いて脱ごうとする場合は頑張る)
  7. ママはバスローブ&ヘアターバンでとりあえず冷え防止
  8. 赤ちゃんにベビーローションなどを塗り、服を着せ、綿棒やクシで入浴後のお手入れをする
  9. ママは服に着替える

私は真冬以外は上の最初から赤ちゃんと一緒に入る方法で入っています。

この方法だと寒いな・・・。と思ったら、こちらの方法がおすすめ!

先にママがシャワーを浴びる方法
  1. 赤ちゃんを脱衣所のバウンサーもしくは椅子に座らせ、待ってもらう
    (お気に入りのおもちゃやタオルケットを持たせると落ち着く)
  2. 少しお風呂の扉を開けたまま、ママがシャワーを浴びる
    (ママが話しかけ続けると、赤ちゃんも安心します)
  3. 赤ちゃんの服を脱がせ、シャワーで身体全体を洗ってあげる
    (ママの身体が冷えないよう適度にシャワーを浴びる)
  4. 一緒に浴槽に浸かり、ほっと一息。

あとは上の方法の6、7、8、9と同じです!

それでも寒い場合の対策!

  • お風呂上りに着替える部屋の暖房をつけておく
  • 先にママと赤ちゃんの身体を洗い、とりあえず湯船で一旦温まる

初めてワンオペ風呂に挑戦するのであれば、2つ目の『ママが先にシャワーを浴びる方法』がおすすめです。

家庭によって環境が違うので、これらの方法が完璧では無いかもしれません。

何度か試しながら工夫するのが一番です。

ちなみに私は、時短の為にリンス・コンディショナー不要のシャンプーを使ってます。

産後の抜け毛対策も同時に出来るので、忙しい産後ママに最適です。

【ワンオペママ必見!】haruシャンプーは産後の抜け毛対策に効果アリ?子供と一緒に入浴(いわゆるワンオペ風呂)なので、ゆっくり髪をケアする事もできず、haru kurokamiスカルプシャンプーというシャンプーに変えました。haruシャンプーはリンスが要りません。 時短になるので、忙しい産後ママやワンオペ風呂の方にも人気です。 使い始めて4ヶ月経ったので、変化あったのか、どんなシャンプーなのか、使い心地や香りなどレポートしたいと思います!...

ワンオペ風呂はどうしても勇気が出ない方へ

ここまで読んでみて、どうしても出来なさそうだと思った方は無理にワンオペ風呂をする必要はありません。

赤ちゃんはママが着衣の状態でお風呂に入れましょう。

その後のママの入浴方法は2つ。

  1. 赤ちゃんが寝ている間に入浴
  2. 脱衣所で赤ちゃんに遊んでてもらう

赤ちゃんが寝ている間に入浴

赤ちゃんがぐっすり寝ている時間帯にママが入浴する方法です。

この時、万が一泣き出す事も考慮して、お風呂のドアを少しだけ開けて、声が聞こえるようにしておきましょう。

私も最初はこの方法でした。

脱衣所で赤ちゃんに遊んでてもらう

脱衣所にバウンサーもしくはバンボを置き、遊んでてもらいましょう。

すでに動きが活発な子は少し難しいですが、一人遊びができる子ならおすすめです。

脱衣所が寒い場合は、少し厚着をさせる、温かい布をかけるなど工夫が必要です。

脱衣所は洗濯洗剤や入浴剤など、赤ちゃんにとっては危険な物が多いので、手が届く範囲の安全は必ず確保してください!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

家庭によって環境がちがうので、自分がやりやすいようにアレンジするといいと思います。

溺れたり、足を滑らせたりする事が無いよう、くれぐれも安全面には気を配って、楽しいバスタイムを楽しんでください!

ジョンソンすやすやタイムで赤ちゃんは本当に寝るのか1週間実験!口コミも紹介!娘の寝かしつけに悩んでいる、レッサー母さん(@kimagure_pmama)です。 寝返りをし出した頃から、寝かしつけるのが難しく...

\楽天ROOM始めました/

レッサー母さんの楽天ルームを見る

レッサー母さん愛用の『ママサポートイズミ』。

ママサポートイズミの口コミレビューママの為の酵素サプリで産後もばっちり!
レポートをみる

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

COMMENT

CAPTCHA