妊娠Q&A

安産祈願は戌の日以外でも大丈夫?料金・服装・準備まとめ

安産祈願は妊娠5か月目に入って最初の戌の日いぬのひに行くと良いと言われています。

多くの人が戌の日に安産祈願に行きますが、仕事や体調の関係で必ずしもみんなが戌の日に安産祈願に行けるわけではありません。

戌の日じゃないと安産祈願できないのではないか、戌の日以外はご祈祷してもらえないのではないか、と思われる方も多いです。

そんな方の為に戌の日に安産祈願をする意味、戌の日以外に安産祈願する場合どうすればいいか、安産祈願に行く時の準備・注意点などをまとめたいと思います。

戌の日に安産祈願する意味

まずは戌の日に安産祈願をする意味を確認してみましょう。

戌(いぬ)の日の安産祈願とは、妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願をするという日本の行事です。

そもそも戌の日は、十二支のいぬに当たる日のことです。

犬は一度にたくさんの赤ちゃんを産む(多胎)でありながら、安産である事にあやかって戌の日に安産祈願をする人が増えました。

戌の日以外でもOK大丈夫!

結論を先に言うと、別の日に安産祈願に行っても何の問題もありません

安産祈願は妊娠五ヶ月に入った最初の戌の日でなければいけない、という決まりは全くありません。

安産祈願は無事に赤ちゃんを産むことを祈る儀式です。

妊娠5ヶ月はあくまで目安です。

体調が優れない時に無理をしては意味がありません。

体調が回復してから、家族の予定が合う日に行けば問題ありません。

自宅安静や入院中等の理由で、神社に行くのが難しい方は、代理の参拝郵送での祈願を受け付けている神社もあります。

また、仕事をしている妊婦さんは、「戌の日」が休日に重なるとは限りませんよね。

妊娠5ヶ月や戌の日に無理にこだわる事無く、安定期に入った周辺の時期にお祝いする人もいらっしゃるので安心してくださいね!


安産祈願の腹帯とは?

安産祈願は腹帯(さらし帯)を妊婦さんのお腹に巻く着帯の儀式をすることから、「帯祝い」とも呼ばれています。

昔は、妊婦さんの実家で腹帯を用意し、帯親と呼ばれる子宝に恵まれた夫婦の婦人に巻いてもらうのが一般的でした。

最近ではインターネットや神社で腹帯を購入し、自分で着ける妊婦さんが増えているようです。

昔は白い布をぐるぐる巻くようなイメージ。今は伸びる素材の腹巻的なものなので、簡単に着れます。

腹帯には、大きくなってゆくお腹を保温したり、保護したりする役割があります。

最近では様々なタイプの腹帯が売られているので、好みのタイプの腹帯をゲットしてくださいね。

腹帯は昔からの習慣であり、産婦人科医や助産師さんの中には特に意味が無いからつける必要は無い、という意見もあります。

最近では腰痛や体の負担を軽減するガードルタイプの帯が人気です。

安産祈願って何をするの?

安産祈願では、着帯の儀式(腹帯をつける事)のほか、神社での安産祈願を行います。

神社では、初穂料はつほりょうを納めて、お祓いおはらいご祈祷きとうを受けます。

神社では、お守りやお祓いを済ませた腹帯を頂けます。

自分で好きな腹帯を購入して持って行き、お祓いしてもらう事も可能です。

2019年の戌の日は?

戌の日はこよみであらかじめ決まっています。

一般的には年によく使われる干支を、日にも利用します。

毎日、十二支が割り振られているので、戌の日は12日に一度めぐってきます

つまり、1ヶ月の間に2~3回、戌の日が存在します。

その中でも人気なのが、大安の戌の日です。

2019年戌の日早見表

以下の表は2019年の戌の日をまとめたものです。

戌の日の大安は赤字で示しました。

2019年
戌の日
1月1(祝・火)、13(日)、25(金)
2月6(水)、18(月)
3月2(土)、14(木)、26(火)
4月7(日)、19(金)
5月1(水)、13(月)、25(土)
6月6(木)、18(火)、30(日)
7月12(金)、24(水)
8月5(月)、17(土)、29(木)
9月10(火)、22(日)
10月4(金)、16(水)、28(月)
11月9(土)、21(木)
12月3(火)、15(日)、27(金)



安産祈願の初穂料・料金は?

初穂料(神社に安産祈願をするときに納める料金)は、5,000円~10,000円が一般的な相場です。

納める料金は自由に決められる場合もありますが、最近では神社ごとに決まっている場合もあります。

行きたい神社のホームページを事前に確認しましょう。

安産祈願の服装は?

安産祈願当日の服装は、正装でなくても構いません。

ただし、神聖な儀式なので、裸足やサンダル、肌の露出が多すぎる服装は避けたほうが無難です。

少しずつお腹が大きくなってくる時期なので、お腹を締めつけない服装がいいですね。
産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服はこちら

季節に合わせた準備を

神社に安産祈願を行くときに気をつけたいのが、暑い時期・寒い時期のお参りの服装・持ち物です。

暑い時期の安産祈願注意点

暑い時期は、神社には自販機など設置されていない所も多いので、必ず水分を多めに持っていきましょう。

暑いと気分が悪くなることもあるので、体調が優れない日は避け、こまめに休憩・水分補給をしましょう。

帽子や日傘など日焼け防止グッズも持っていくといいと思います。


寒い時期に安産祈願する際の注意点

寒い時期のお参りをする場合、ひざ掛けは必須です。

神社で安産祈願の祈祷をしてもらう部屋は、エアコンが無かったり、あっても効きが悪いなど寒い事も多いからです。

暖房が完備されている所でも底冷える場合もあるので、ひざ掛けは用意しておきましょう。

妊娠中の冷えは大敵なので、暖かい服装で、出来れば雪の日などを避けるのも大切です。

安産祈願は戌の日以外でも全然OK!

妊娠5か月目は安定期に入り、流産の確率がさがり、つわりが収まるなど体調が安定する方も多いと思います。

とは言え、個人差があるので、体調が悪い場合は無理は禁物です。

安産祈願は一生のうちに何度もある事ではないので、旦那さんやご両親など家族と一緒に楽しめると良いですね。

これからの妊娠生活の無事を祈る為にも、安産祈願しましょう!

 

レッサー母さん
レッサー母さん

妊娠中から抱っこ紐を使う時期にも役立つママコートはご存知ですか?

妊娠中に買っておくと長く着られてお得です。

妊娠中・抱っこ紐期の防寒はママコートが便利 こんな悩みをお持ちの妊婦さん、ママさんいらっしゃると思います。 そんな方におすすめしたいのが、『ママコート』という...

 

 

レッサー母さんの楽天ルームを見る