産院選びのポイントは?メリット・デメリットをまとめてみた

   

産院は出産前から産後まで長くお世話になるので、自分に合った産院を選びたいですよね。自宅からの距離、雰囲気、入院中の食事、主治医・助産師との相性など何を重視するかは人それぞれです。ただ、人気の産院はすぐに予約が埋まってしまったり、初診が一か月待ちなどもあるそうなので、早めに情報収集、動き出しましょう。ひとまとめに産院といっても、様々な種類があり、それにより違いがあるので、これから産院を選ぶ方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

総合病院、大学病院

メリットは各科の専門医が集まっている、という点です。産科専門の医師や助産師さん以外にも内科や小児科、耳鼻咽喉科などなど複数の診療科が集まってます。妊娠中は産婦人科の専門分野以外にも、様々なトラブルが起きます。その度に、専門科に行っても、電子カルテで連携しているケースも多く安心です。またスタッフの数や設備も充実しているので、急な帝王切開にも対応でき、赤ちゃんのケアも万全です。

デメリットとしてはスタッフの人数が多いゆえに、診察の度に担当医が変わる事も多く、信頼関係が築きにくいと言われています。また医学生や助産学生の受け入れが多いため、お産の時に立ち合いが入るケースもあります。命がけのお産の時に落ち着かないかもしれません。

小規模な産婦人科病院、クリニック

メリットはいつも同じ医師に診てもらえる、という事です。同じ医師に毎回診てもらう事で、信頼関係が築きやすいと言われています。ベッドの数が20以上であれば「病院」、ベッドの数が20以下であれば「クリニック」と呼びます。これらは個人が開業しているので、個性があります。ヨガ教室など妊婦さんに喜ばれるイベントを開催したり、妊婦さん同士の交流を応援する病院・クリニックもあります。

部屋は個室が多いです。LDRと言って、陣痛から出産後まですべて同室で行えるところも増えているので、リラックスしてお産ができると言われています。食事もフランス料理が出るなど、充実していることが多いようです。

デメリットは、大病院と比べると緊急帝王切開の対応が不十分であることです。大病院の場合、手術室スタッフが24時間勤務しているのに比べ、個人病院では、呼び出し制になっていることが多いです。
また、小児科を併設していても、出生直後の新生児の治療は非常にデリケートで困難なため、大病院に搬送されるケースがあります。この場合、産後のお母さんは一緒に転院できないことが多く、産まれてすぐに心細い思いをしてしまいます。

助産院

メリットは数名の助産師しかいないため、アットホームな雰囲気で信頼関係を築きやすく、自由なスタイルでのお産が可能です。また、上のお子さんや旦那さんが一緒に宿泊できるところが多いので、初産ではなく家族で一緒にお産を迎えたい人には向いていると言えるでしょう。

デメリットとしては、医療行為が受けられないことです。帝王切開はもちろん、会陰切開(赤ちゃんがなかなか出て来られない時、膣口を少し切る処置)、その後の縫合、点滴、注射など、普通の病院ならば当たり前の医療行為が、助産院では一切ありません。あくまで自然な分娩をする、という考えが特徴的です。
必ず連携病院はありますが、必ずしも産婦人科を併設しているわけではありません。多くは名前だけのもので、助産院と完璧に連携しているとは言い難いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?初診の時に分娩予約をする病院もあるので、気になる事は積極的に質問しましょう。

ちなみに私は市民病院に通っています。決めたポイントとしては、病院へのアクセスと設備です。私は里帰り出産ではなく、今住んでいる地域で出産する予定なので、旦那さんが仕事中でも陣痛が来た時移動しやすい病院を最優先しました。また設備も豊富なので、初産でも不安が少ないと思いました。診察の先生は曜日によって違うので、毎回同じ曜日に予約し、同じ先生に診てもらっていますよ。先生も助産師さんも優しいので、安心して通えています。

みなさんも長くお世話になる産院選び、慎重に、でも早めに進めていきましょう!

 

 - マタニティ