産後の髪型はショート派?ロング派?

      2018/01/16

産後の髪型は、ロングとショートどちらがいいのでしょうか?赤ちゃんが生まれ、赤ちゃんのお世話を優先していたら、ゆっくりとお風呂に入ることは難しいし、ドライヤーで丁寧に乾かす時間もなくなりそうですよね。何かと手がかからないショートがおすすめ!というママさんが多いですが、中には実はロングの方がおすすめ!というママさんも数多くいらっしゃるんです。

そこで今回は、産後の髪型はどちらが過ごしやすいか、ショート派ママ・ロング派ママ双方のご意見を紹介していきたいと思います。

ショートヘアのメリット

とにかく時短!

お風呂で髪の毛を洗うのも、ドライヤーで乾かすことのも時間がかからないので、赤ちゃんのお世話と両立できる。

邪魔にならない

ショートヘアだと、授乳をするときに髪の毛が邪魔にならないです。髪が長いと毎回髪を束ねないといけないと聞きます。

産後の抜け毛のショックが少ない

『産後脱毛症(分娩後脱毛症)』とも呼ばれる産後の抜け毛。妊婦さんの約70%が経験しているとも言われています。シャンプーの時やクシを通した時にに大量の髪の毛が抜けるのは、やはり女性としてショックですよね。

産後の抜け毛の原因はホルモンバランスの変化と言われており、特に産後は女性ホルモンが減少するので髪の毛が抜けやすくなるんだとか。基本的に産後の抜け毛は、産後半年から一年位の間に治る人がほとんどなので気にしすぎない方が良いようです。

しかし、ロングヘアだとその量がすごく多く見えるため、よりショックが多いという事で、ショートにするママもいる様です。

スポンサーリンク

ショートヘアのデメリット

クセが強いと大変

もともとクセの付きやすい髪質のママの場合、ショートヘアだとお出かけ前のスタイリングが大変!ロングヘアだったらまとめれば何とかなる、という意見が多いです。

オンナからママに?

出産前に綺麗なロングヘアを維持していたママが突然短く切ると、旦那さんや友人から「オンナからママになった」、「所帯じみちゃった」と言われる事もあるようです。「ママになって何が悪い!」と私は思いますけどね笑

美容院に行く頻度が増える

ショートだと少し伸びただけで理想のバランスが崩れやすいので、結構な頻度で美容院に行くことになったというママも。最初は出産前にショートにして、赤ちゃんの成長と共にママも髪を伸ばしていくという意見も面白そうですよね。

スポンサーリンク

ロングヘアのメリット

クセがつきにくい

ロングヘアだと髪がハネたり、寝癖がついたりしにくいですよね。お出かけ前のバタバタした時間でも、さっと結べばいいので、あまりスタイリングに手間を取られないです。

美容院に頻繁に行かなくていい

ショートだと、少しのびただけで、気になって美容院にいかなければいけませんが、ロングだとそこまで気にならないので、頻繁にいかなくても平気です。もちろん綺麗に保ちたいママは、トリートメントなどのケアで美容院通いを頑張る方もいらっしゃるようです。

デメリット

髪を乾かすのに時間がかかる

やはりロングヘアで一番大変なのは、髪を乾かす事だと思います。髪を乾かしている間は家族が赤ちゃんを見ていてくれる、という方はいいかもしれません。そうでない場合は、ドライヤーの音で声も聞こえにくいので、赤ちゃんが心配になるという意見がありました。

まとめないと邪魔

やはり赤ちゃんのお世話は基本下を向く動作がおおいので、髪が邪魔になります。髪を引っ張られたり、授乳時に赤ちゃんの顔や目に髪がかかっても危険です。お世話をする時は基本、常に髪を束ねましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ショートヘア、ロングヘアそれぞれに良い所・悪い所がありますね。ちなみに私はショートヘアにしました!元々周囲からもショートの方が似合うと言われているので、特に躊躇する事なく結婚式まで伸ばしていたロングヘアをバッサリ切りました。

冬の寒い時期に出産するので、もし余裕が無くて髪を乾かせなかったら風邪をひきそうだと思ったのも大きな理由でした。季節によっても違うと思うので、出産までにじっくり考えておきましょうね!

 

 - マタニティ, ネタ