出産

陣痛促進剤ってどんな薬?気になる副作用や費用も

お産は新しい命の誕生、何が起こるかわかりません。

何らかの原因で、お産がスムーズに進まないような時は、母子の安全のために医療処置を行うことがあります。

またお産の進行とは関係なく、分娩時には導尿(カテーテル)や剃毛などが行われることもあります。

その場で急に言われると驚いてしまうかもしれませんが、

どんな処置があるのか事前に知っておくと、慌てずに済みます。

今回はお産で行われる、一般的に行われる処置についてのお話です。

不安や心配がある場合は、医師や助産師に相談し、

納得して処置を受けられるようにしましょう。

陣痛促進剤ってどんな薬?

人工的に陣痛を起こしたり、陣痛を強める薬のことです。

陣痛促進剤には陣痛を「誘発」する目的と、陣痛を「促進」する目的の2種類があります。

基本的に経腱分娩が可能な妊婦さんに使用されます。

陣痛促進剤はどんな時に使用する

①出産予定日を超過した時

具体的には、妊娠42週以降になると胎盤の機能がぐっと落ち、赤ちゃんが危険な状態に陥ります。

なので42週が近づいているのに、陣痛が来ないときには誘発分娩をします。

また、赤ちゃんが大きめの場合はそれより前に促進剤を使用する場合もあります。

②破水したのに陣痛が来ない時

赤ちゃんが包まれている膜が破れるので、赤ちゃんが菌に感染しやすくなります。

これを出来るだけ防ぐために、破水後48時間以内に赤ちゃんが生まれるのが良いとされています

そのため破水した後、1日は自然に陣痛が来るのを待ちますが、それでも陣痛が来ない場合には陣痛促進剤を使い、誘発分娩をします。

③微弱陣痛でお産が長引いている時

陣痛が弱い時はお産が進まないので、陣痛促進剤を使う必要があります。

ちなみに微弱陣痛といっても、寝られない位の痛みはあるようです。

痛みがあると妊婦さんの体力が削られていきますので、辛い戦いになるようです。

④母体に合併症があり早く分娩させたい時

母体が妊娠高血圧症候群などを発症している場合、

状態が悪化する前に赤ちゃんを取り出すべきと言われています。

⑤和痛分娩

麻酔をかけていますので、陣痛が弱くなりがちです。

その場合、陣痛促進剤を使用しアシストします。

 

この他にも、これ以上母体に胎児がとどまると、危険が及ぶと判断される時に使用します。

ちなみに個人的な理由で使うのはNGです。

記念日やゴロ合わせなどの理由で、何月何日に産みたいと陣痛促進剤を使うことはできません。

あくまでも母体または赤ちゃんの健康状態を最優先に考え、陣痛促進剤の使用を行います。

陣痛促進剤の痛みは?どれくらい痛いの?

陣痛促進剤を使うと痛みが強くなる、といいますが実際にはどうでしょうか?

陣痛促進剤の副作用の一つである『過強陣痛』を引き起こすと、陣痛が強くなりすぎ、痛みも増すと言われています。

※過強陣痛はほとんどの場合、陣痛促進剤の投与量が多かったために起こります。

陣痛促進剤・陣痛誘発剤・子宮収縮剤の副作用は

内服薬もありますが、万が一の時にすぐに中止できるよう点滴で行うのが一般的です。

最初はごく少量から投与し、量を調節します。

それでも陣痛促進剤が薬品であるのには変わりなく、当然ながら副作用がおきる可能性は拭えません。

アレルギー反応によるショックや、不整脈や吐き気、過強陣痛、子宮破裂、胎児仮死が起こる可能性もあります。

しかし、これは通常の分娩でも起きる可能性があり、医師の判断に従う事こそがリスクを最小限に抑えるために出来る事ではないでしょうか。

陣痛促進剤投与から出産までの時間は?

陣痛促進剤を使うと陣痛が促されるので、一般的にはお産のスピードが上がります。

しかし、一人一人のお産に掛かる時間が異なるように、かなり個人差があります。

投与から3時間程度でお産を終える人もいれば、促進剤を投与後、入院3日目でお産を終える人もいらっしゃいます。

陣痛促進剤の費用は?保険は使える?

陣痛促進剤を使用した場合の費用は、一般的に1万円~5万円程度が相場です。

使用した薬の種類や量によっても異なるので、参考程度にどうぞ。

また、自然分娩を進める目的での陣痛促進剤の使用の場合、保険は適用されないケースが多いようです。

保険会社や契約内容によっても異なるので、気になる方は事前に確認しておきましょう。

陣痛促進剤・陣痛誘発剤を使うと言われたら?

過去には陣痛促進剤、陣痛誘発剤を誤った使い方をしたり、安全管理を怠ったために、医療事故が起きたことがありました。

しかし現在では、投与している間はママと赤ちゃんの様子を分娩監視装置で常にチェック、薬の量も調節しながら安全に使うなど対策がとられています。

陣痛促進剤は適切な管理の下で使えば、赤ちゃんの命を救うのに非常に有効な薬です。

陣痛促進剤と聞いただけで使用することを拒む方がいるようですが医師が必要と判断した時はむやみに嫌がらず、なぜ必要なのか医師から十分な説明を受けて、自分や家族が納得した上で処置を受けましょう。

薬の投与中に万が一、痛みが強くなったり吐き気があるなど異変を感じたら、直ちにナースコールをして看護師や助産師に伝えましょう。

すぐに中止し適切な処置を行います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

陣痛が思う様に進まないと、体力もかなり消耗します。

いきんで赤ちゃんを生み出す為には、体力は非常に重要です。

私自身、痛み始めてから出産まで25時間かかり、最後はかなり体力的にきつかったです。

気まぐれプレママの出産レポートはこちら!

あわせて読みたい
出産レポート-痛みに耐えて25時間!?ーお久しぶりです。 1月末、無事に元気な女の子を出産しました。 切迫早産で一時はいつ生まれるか分からない状況でしたが、 ...
あわせて読みたい
若くても産後の抜け毛が超深刻!?原因と対策を知っておこう産後に抜け毛で悩む女性はとても多く、分娩後脱毛症や産後脱毛症といいます。 妊産婦の半数以上が抜け毛の症状が見られるそうです。 ...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!