妊娠中の温泉ってNG?気を付ける事をまとめてみた

   

気まぐれプレママです!

妊娠中はしない方が良いこと、出来ない事が増えますが温泉には入ってもいいのでしょうか?寒くなってきて身体も冷えるし、温泉でホッとしたい・・・という妊婦さんも多いのではないでしょうか?そこで妊娠中の温泉について調べてみました。

スポンサーリンク

 

以前は妊娠中の温泉は禁止だった

以前は妊娠中の妊婦さんが温泉に入らない方がいいと言われており、多くの温泉施設が、妊婦さんの入浴を禁止していました。理由としては、がんや心不全・高度な貧血などと並び、妊娠も温泉法という法律で禁忌症(温泉浴に注意、もしくは利用を避けた方が良い症状)扱いされていたんです。しかし、実際に入浴した妊婦さんが体調不良を訴えた例が無かったため、2014年に環境省が見直しを行い、妊娠は禁忌症から除外、妊婦さんでも入浴が楽しめるようになりました。

妊娠中の温泉で気を付ける事

2014年から妊婦さんでも入浴できるようになった温泉。心身ともにリラックスする為にも楽しみたいですが、妊婦さんならではの注意点がいくつかあります。

温度について

温泉の温度は幅広く、35℃前後から50℃を超えるものまであります。身体の疲れを癒し、リラックスしやすいのはは、42℃以下の温度です。
かといって、温度が低すぎると身体が冷えてしまうので、40℃前後の温泉を選びましょう。行きたい温泉施設のホームページを見ていただくと、ほぼ確実に温度は載っているので、あらかじめ確認しておくと安心です。

足元に注意

妊娠中の妊婦さんが温泉に入る場合、一番気を付けて欲しいのが転倒。洗い場や脱衣所は、水で滑りやすくなっています。またぬるぬるした泉質の場合、更に滑りやすいので気を付けましょう。
お腹が大きくなってきている妊娠後期の妊婦さんだと、お腹の膨らみで足元が見えづらいと思います。小さな段差などで転倒してしまうこともありますので、1歩1歩ゆっくり移動する事を意識しましょう。
心配な方は大浴場のタイプではなく、部屋に家族風呂がついている温泉旅館などを利用し、家族と一緒に入る事をおすすめします。

入浴時間について

妊娠中の妊婦さんが、入浴する時間は、長くても10分程度に抑えておいたほうが良いとされています。長時間入浴し続けると、体温が上がりすぎてしまうからです。妊娠中は身体がうまく動かせないことから、のぼせると転倒しやすいです。せっかくの温泉、できるだけ長湯をしたい!という方は、10分ごとに休憩を入れながら入浴を楽しむようにしましょう。私はスーパー銭湯が好きなのでたまに行きますが、脱衣所に水分を用意しておき、のぼせないよう休憩の度に水分補給するようにしています。

子供に注意

スーパー銭湯など人の多い施設の場合、小さなお子さんも楽しみに来ていますよね。とっても可愛いのですが、結構走ったりはしゃいだりしているので、ぶつからないように要注意です。大人は周りが見えているのでぶつかってくることはまずないですが、子供はあまり周りが見えていない事があります。妊婦さんでお腹が大きい場合、視野も悪くなっているので、十分に周りに気を付けて行動する事が大切です。

無理は禁物

 

温泉宿は日本中にあるので、旅行サイトで「マタニティ 温泉」、「マタニティプラン」などと検索すると沢山出てきますね。特にプレママの中では旦那さんと二人っきりの旅行は最後になる方も多いので、二人の時間をゆったり過ごせるプランが人気です。マタニティプランだと貸切風呂付や部屋に抱き枕やノンカフェインドリンクを用意してくれたり、食事が葉酸・亜鉛・鉄分など妊婦さんに嬉しい成分たっぷりの献立にしてくれたり、なまものを避けてくれるなどなど工夫がこらされています。

時期的にはつわりがおさまり、自分の体調が良い時期に行けるといいですね。それでも妊娠中の移動は身体に負担がかかりやすいので、必ず1時間に1度は休憩しながら移動してください。車や電車は振動があるので、お腹が張りやすくなる事もあります。出来れば約2時間以内に、着ける距離の温泉宿を探すことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?温泉に入る事で、気持ちがリラックスしますし、身体を温めることもできます。腰が痛い妊婦さんには特におすすめです。私は元々腰痛持ちですが、少し痛みが楽になります!入浴のルールを守り、無理せず安全に温泉を楽しみましょう。

 - マタニティ