ベビーカー

三輪ベビーカーの機動性が凄い件 デメリットも検証

気まぐれプレママです!

みなさんもうベビーカーは選びましたか?

我が家は何度かお店に見に行っていますが、未だ選び中です。

ベビーカーには色んなタイプがあり、A型・B型・三輪タイプと大きく分けられます。

結構重いし三輪は無いかな・・・と実は高をくくっていたのですが、とても良い面も発見してしまったのでご紹介したいと思います。

三輪ベビーカーのメリット

方向転換がしやすく小回りが利きやすい

三輪ベビーカーは前輪が1つ、後輪が2つです。

前輪が1つなのでとても方向転換がしやすく小回りが利きやすいです。

4輪のタイプより圧倒的にカーブなどが楽です!

振動が赤ちゃんに伝わりにくい

アスファルトは小さな石の集まりなので、普段歩いていると気になりませんが、キャリーバッグなどを引いたときに結構手に振動が伝わりますよね。

あれと同様に赤ちゃんの身体にも、地面からの振動が伝わります。

三輪タイプはタイヤ一つ一つが大きいので安定感があり、ちょっとした段差などに強く、振動が赤ちゃんに伝わりにくいんです。

赤ちゃんは長時間ベビーカーに座っているので、少しでもいい環境に居させてあげたいですよね。

スタイリッシュ

やはりなんといってもあのフォルム、スタイリッシュですよね。

海外のデザイン性が高いものが多く、ユニークで個性的なデザインが魅力です。

「他の人とは被りたくない」「オシャレに赤ちゃんとお出かけしたい」という人に特に人気が高いです。

三輪ベビーカーのデメリット

大きくて重い

先ほど三輪ベビーカーは安定感があると言いましたが、その分サイズは多少大きく、重いです。

平均8~10㎏前後でしょうか。

現在四輪タイプのものが軽量化が進新生児から使えるA型でも4㎏代から売られているので、それと比べるとかなり重いです。

ですから公共交通機関で移動する場合や畳んで階段を上り下りする機会がある場合、片手ではまず持てないので大変かもしれません。

タイヤのメンテナンスが必要な物もある

四輪の場合、タイヤが小さく、樹脂製のものが多いです。

三輪ベビーカーの場合はタイヤが大きいので、自転車の様に空気を入れなければいけない場合が多いようです。

市販の自転車用空気入れでいれるタイプと付属の空気入れが付いてくるタイプとあります。

頻度は使用状況によりますが、おおよそ月に一回程度との事です。

中には空気を入れる必要が無い樹脂製のものもありますが、どの様なタイプかは買う前に確認しておいた方が良いと思います。

おすすめの三輪ベビーカー

それでは実際にどういった商品があるか、私が調べてみて口コミが良かったもの、

某赤ちゃん用品店員さんのアドバイスを交えつつ、ご紹介したいと思います!

アップリカ スムーヴ

対象月齢は生後1カ月~36カ月  対象体重は15kg以下
製品サイズ:開いた状態W550×885×H1120mm
閉じた状態W550×435×900mm
製品重量:9.0kg   リクライニング角度:120170

こちらのベビーカーは、首すわり前の赤ちゃんでも安心(生後1か月~)な、フルリクライニングが可能です。

また、汚れた時には、サッと取り外して洗えるカンタン取り外しシートなので、夏場も清潔を保てます。

また、出し入れしやすい大容量の下カゴがついているので、お買い物にも便利です。

エアバギー ココ ブレーキモデル

対象月齢:首すわり3カ月から3歳まで 対象体重15kg以下
製品サイズ:開いた状態W53.5×D96×H104.5cm
閉じた状態W53.5×D40×H82cm
製品重量:9.5㎏ リクライニング角度:115~130度

スピード調整に適した国産のハンドブレーキは、坂道や悪路で絶大な威力を発揮します

安心で快適な押しやすさが好評です。

折りたたんだ際にも自立スタンドが付いているので、安定感があります。

Joie(ジョイー) ライトトラックスエア

対象月齢:生後1カ月から36か月まで 対象体重15kg以下
製品サイズ:開いた状態W54xD89xH103cm
閉じた状態W54xD30xH81cm
製品重量:9.5㎏ リクライニング角度:120度~160度まで無段階で調節可能

こちらは前輪はパンクの恐れの無いパンクレスタイヤ。後輪は振動CUTのエアタイヤです。

前輪は見えずらく、色んな所にぶつかる可能性が高いのでパンクレスになっています。

改札口おラクラク通れる54㎝の車幅なのでもう改札口で苦労する事もありません。

Joieはイギリスのメーカーという事もあり、質感が少しお洒落なものが多いのが特徴です。

クイニー ザップ ファースト

対象月齢:新生児から36か月まで 対象体重:13㎏まで
製品重量:7.8㎏

こちらはベビーカーからシートを取り外し、カーシートにも取り付けられるタイプの商品です。

トラベルシステムといい、寝ている赤ちゃんをそのまま室内へも運ぶことができます。

写真は新生児用のシートがついていますが、別売りのシートを付けると、

36か月まで使用できるもう少しコンパクトなボディにもカスタマイズ可能です。

一台で色んな役割を果たしてくれるので便利そうですね!

グレコ シティトレック

対象月齢:生後1か月から36か月まで 対象体重:15㎏まで
製品サイズ:開いた状態W545×D900×H1083(mm)
閉じた状態W545×D340×H840(mm)
製品重量:8.5kg  リクライニング角度113度~155度まで

こちらはなんといっても収納の大きさが魅力!

買い物かごがそのまま置けちゃうんです。

手で持つ必要が無いから、赤ちゃんに何かあった時にもとっさに反応できそうです。

赤ちゃんと二人でお出かけする機会が多い方は是非おすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

同じ三輪ベビーカーでも色んな個性がありますね。

妊娠中の体力的にも余裕がある時期に探すことをお勧めします。

赤ちゃん用品店の店頭で買うのも良いですが、最新作しか置いていないお店もあります。

ネットだと一つ前のタイプで機能はそこまで変わらないのに、価格は大幅に安くなっているものもあります。

最新作が全てではないと思うので、自分に合ったベビーカーを探しましょう。

あわせて読みたい♥
後悔しないベビーカー選びの為の厳選比較ポイント9選

 

ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!