ベビー用品

歯ぐずりって何?いつから始まるの?対策や歯固めを選ぶポイントも

みなさん『歯ぐずり』という言葉をご存知ですか?

歯ぐずりとは、赤ちゃんの乳歯が生え始める頃に、頻繁に泣いたりぐずったりする事です。

ずっとぐずっていたり、口の中に手を入れながらぐずっている子は歯ぐずりの可能性が高いです。

では具体的にいつ頃から現れ、対策はあるのか、歯固めを選ぶポイントもご紹介したいとおもいます。

歯ぐずりとは?

歯ぐずりとは、歯が生える少し前から赤ちゃんがかゆみや痛みを感じて、ぐずったり泣いたりすることです。

まだ、白い歯が見えなくても、赤ちゃんの歯茎に触ってみると、下の前歯の中央あたりだけ固くなっているのがわかります。

歯茎の中にある歯が出てくる準備をしている時は、歯茎が薄くなったり、歯茎に穴があいてきたりします。

そのため、その部分が刺激に対して敏感になったり、歯茎から出血することもあります。

歯ぐずりには個人差がある?

赤ちゃんによって、歯ぐずりの有無には個人差があります。

歯ぐずりが全くない赤ちゃんもいれば、手の施しようが無いほど機嫌が悪くなる赤ちゃんもいます。

歯ぐずり期には、特に夜泣きに悩むママが増えます。

少しでも歯ぐずりを和らげる対策をする事が、ママ自身が楽になる為にも大切です。

歯ぐずりはいつ頃始まるの?

赤ちゃんの歯ぐずりが始まる時期は、一般的には生後6ヶ月頃からです。

中には早い子だと生後3か月過ぎで歯が生える子もいるので、たまに歯茎を観察してみましょう。

歯が生え始める時期・順番には個人差がありますが、生後6ヶ月頃になると下の真ん中の歯の頭が見え始める子が多くなります。

ちなみに、最初の歯が完全に生えきるのには約1か月かかるので、その間はぐずる事を覚悟しておきましょう。

歯が生え始める頃の傾向は以下の通りです。

歯の生え始めサイン
  • 唾液(よだれ)の量が増え、口から溢れる
  • ブーブー唇を震わせて唾を飛ばす
  • 近くのおもちゃやタオルを口に入れたがる
  • 不機嫌な様子でずっとぐずっている(抱っこしたりあやしたりしても不機嫌なまま)
  • 口をもぐもぐする指や拳を口に入れ、歯ぐきを触る
  • 寝付きが悪くなり、夜泣きをする
  • 母乳、ミルクの飲みが悪くなる
  • 何かを訴える様な目でママを見つめる

では、この様な傾向が見られたら、どの様な対策をとればよいのでしょうか?

歯ぐずりの対策法は?

歯が生えてくる頃は痛かったり、痒かったりと赤ちゃんは不快な気持ちでいっぱいです。

その不快感を取り除いてあげる事がポイントになります。

1.歯茎を冷やす

皆さんは歯が痛い時、どの様な対策をしますか?

すぐに歯医者さんに行けない時・・・歯を冷やしますよね?

それと同じです。

赤ちゃんの歯茎を冷やしてあげると、ビックリするほど歯ぐずりが収まります。

冷たい水で濡らしたガーゼで歯茎をふいたり、マッサージしたりしましょう。

また、冷たく冷やした歯固めを噛むと喜ぶ赤ちゃんも多いです。

2.歯固めを与える

歯固めを噛むことで、歯茎の痛みから気が紛れます。

また、歯固めには今まで母乳やミルクを『吸う』という動作しか出来なかった赤ちゃんに、

『物を噛む』という動作を覚えさせる事ができます。

たくさん噛むことで顎が丈夫になり、離乳食が順調に進むともいわれています。

3.気を紛らわせる

赤ちゃんの頭の中は一つの事にとらわれると、ずっとそのことで一杯になり、泣き続けてしまいます。

『歯が痛いよー!この世の終わりだー!!!』という様子になります。

そんな簡単に、この世は終わらないから安心して!と言いたくなるほどに 笑

それを止めるためには、気分転換させてあげるのが一番です。

  • 抱っこして歌う
  • 手足を持って音楽でダンスさせてあげる
  • 絵本を読み聞かせる
  • おもちゃで一緒に遊ぶ
  • お風呂に入れる
  • おむつを替える
  • 授乳する

気分転換の方法は、この他にもたくさんあります。

こんな簡単な事で、案外ケロッと泣き止んだりします。

気分転換のポイントは『ママ・パパが必ず相手する事』

一人になると暇になり、歯の事を思い出しやすいので、出来るだけ相手をしてあげましょう。

4.歯ブラシをしてあげる

赤ちゃん用のゴム歯ブラシで優しくブラッシングすると、歯ぐきの痒み・痛みが和らぎ、歯ぐずりがおさまる事があります。

大人の歯ブラシを使ったり、強くこすったりすると、赤ちゃんの歯ぐきが傷つくので絶対にやめてくださいね!

乳歯が生える前から歯ブラシでブラッシングする習慣をつけておくと、

乳歯が生えた後にブラッシングがスムースに行えるようになるという効果もあるので一石二鳥♪

ミッフィーと歯磨きトレーニング

こちらは柔らかいゴムのブラシと、やわらかい植毛ブラシがセットになっている商品です。

赤ちゃんの中にはゴム歯ブラシを自分で持って、いつまでもカミカミしたがる子もいますが、

のど突き防止プレートを必ず装着して、目を離さない様にしてくださいね!

歯固めを選ぶポイントは?

物を噛む動作を覚えさせ、顎も丈夫にしてくれる『歯固め』ですが、どの様に選んだらいいのでしょうか?

ポイントは以下の通りです。

  • いくつかの感触を楽しめるもの
  • おもちゃとしても遊べるもの
  • 持ちやすく、噛みやすいもの
  • ちぎれたり、壊れたりしない丈夫なもの

以上の点に気をつけて選ぶと、赤ちゃんが使いやすく喜んでくれますよ。

それでは実際におすすめの歯固めを見てみましょう!

赤ちゃんが喜ぶ歯固め

カミカミBabyバナナ

カミカミする姿がバナナを食べているようでとっても可愛い『カミカミBabyバナナ』です。

かわいいだけでなく、とっても機能的なこの歯固め。

下の部分に穴が開いているので、紐を通してネックレスにしてあげる事もできますよ!

純国産お米の歯固めネックレス

まるでポンデリングのようなフォルムがとってもかわいい、『お米の歯固めネックレス』。

表面がナミナミやボツボツなど、色んな形になっているので、噛んでも舐めても楽しんでくれます。

初めてお口に入れるものはお米で作ろう!という発想が赤ちゃん想いで良いですね。

キリンのソフィー ファーストブック

出産祝いでも人気の『キリンのソフィー』シリーズの歯固めです。

正確には、歯固め&布絵本&おもちゃで一つで3役!

持ち手にボールがついています。

布絵本でお話をして、自然に気分転換もさせてあげられる機能商品です。

お値段少し張りますが、有能な商品で愛用ママも多いです。

Sassy(サッシー) バンブルバイツファン

カラフルな色使いが人気の、動物のおもちゃブランドSassy(サッシー)の歯固めです。

4種類の噛み心地が楽しめるだけでなく、右上の水色の部分は水が入っているので、冷蔵庫で冷やすとひんやり!

※冷凍庫は禁止です

歯茎の痒み・痛みが少し引くので、歯ぐずりがひどい子におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

母子ともにつらい『歯ぐずり』。成長の一つでとっても大切な事です。

『最近機嫌悪いなー』、『うるさいなー』と放置するのではなく、赤ちゃんの気持ちを汲み取って対応してあげましょうね!

そろそろハーフバースデー♪な方はこちらの記事もお薦めです。

あわせて読みたい
ハーフバースデーどう祝う?飾りつけ・離乳食・ケーキ・プレゼントも!娘が生後5か月を迎えた気まぐれプレママです。 この前生まれたと思っていたら、あっという間に5か月・・・。 『ハーフバースデー...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!