赤ちゃん連れで初めての高速道路!しっかり準備で渋滞も怖くない♪

赤ちゃん連れで初めての高速道路!しっかり準備で渋滞も怖くない♪

今年の4月に夫の転勤で東京に引っ越しました。

生後3か月の赤ちゃんを連れて、愛知県から東京都までの大移動でした。

5月のGWには、東京、岐阜、大阪間を往復しました。(岐阜、大阪が夫婦それぞれの実家)

今回、赤ちゃん連れで高速道路での移動、

SA・PAを利用してみて分かった事がいくつかあったので

ポイントをまとめたいと思います。

綺麗なサービスエリアを事前にチェック

まずは外出する前に、おむつ替えや授乳などが落ち着いてできるサービスエリアをチェックしておきましょう。

最近は多くのサービスエリアのトイレが改装され、綺麗で使いやすくなっています。

授乳室があるか、ミルク専用の調乳用の給湯器があるか、などは高速道路の公式ホームページに情報が掲載されています。

行先に合わせて事前にチェックしておきましょう。

NEXCO東日本公式ホームページはこちら

NEXCO中日本公式ホームページはこちら

NEXCO西日本公式ホームページはこちら

赤ちゃんが泣いたら即休憩

赤ちゃんは車に乗る時ベビーシートに乗っていますよね?

普段ベットやお布団で手足を伸ばして自由に過ごしているのに、

ベビーシートでは固定されてしまい苦しいです。

普段近くのスーパーに行く程度であれば静かにしてくれる子が多いですが、

長距離移動となると話は別です。

 

うちの子の場合は約一時間で泣き始めました。

一時間経つとおもちゃであやしても全く効果無し。

火が付いたように泣いていました。

 

かわいそうなのでサービスエリアへ!

おむつを替えて、休憩したら落ち着いてくれました。

少しでも不快感を減らす為にも、休憩の度におむつを替えるのがいいです!

赤ちゃんのペースに合わせて、SA・PAでこまめに休憩するようにしましょう。


車で授乳できる環境を整える

母乳育児をされている方の場合、車の中で授乳できる環境を整えておきましょう。

『え?サービスエリアで授乳すればいいじゃない』と、思った方もいらっしゃると思います。

それは、全てのサービスエリアに授乳室があるとは限らないからです。

 

先述した通り、赤ちゃんはどのタイミングで休憩したがるか分かりません。

その時に、「授乳室があるサービスエリアは2つ先だから、

そこまで我慢してね!」はちょっとかわいそうですよね?

とりあえず最寄りのサービスエリア・パーキングエリアに入り、休憩、授乳しましょう。

 

授乳の際には後部座席で、授乳クッションと授乳ケープを使用すれば、

あまり外からも目立ちません。

授乳も休憩ごとにするのがおすすめです。

慣れない移動で落ち着かない中、ママのおっぱいはいつもと同じものなので、

精神安定剤的な役割を果たし、落ち着くようです。

時間的には普段より少し短めでもいいので、休憩ごとにあげましょう。

お気に入りのおもちゃや絵本

いつも家で遊んでいる、お気に入りのおもちゃを車に乗せておきましょう。

それを握っているだけでも、不安やストレスから気が紛れます。

もちろん、お気に入りの絵本でもOK!

走行中や、サービスエリアでの休憩時に読んであげると気持ちが落ち着きます。

空調は赤ちゃんに合わせて

移動中の車内の空調は赤ちゃんに合わせましょう。

赤ちゃんは大人より温度に敏感です。以下のポイントに注意しましょう。

  • エアコンの風が直接当たっていないか
  • くしゃみをしていないか
  • 身体が冷えていないか
  • 身体がアツアツになっていないか
  • 背中や頭が汗まみれになっていないか

こまめにチェックし、エアコンやブランケットで調節しましょう。

あわせて読みたい♥
赤ちゃんの暑さ・UV対策グッズ25選
赤ちゃんの防寒グッズ8選!冬の出産準備にも!

車内の日差し対策

先述の空調に加えて、忘れがちなのが車内の日差し。

朝早くや夕方は特に陽が低く、日差しが車内に直接入ってきますよね。

大人の場合は、手をかざしたりサングラスをして避けられますが、赤ちゃんはそうはいきません。

車用のカーテンやサンシェードを用意しておくと、心強いです。

着替えを数セット準備しておく

特に夏場の移動の場合、多めに用意しておきましょう。

ずっとベビーシートで寝ていると、背中がびちょびちょになっているかもしれないので。

服が濡れていると、不快感が強くなるので、着替えさせてあげましょう。

 

また、これはうちの子だけかもしれませんが、

普段2,3日に1回しかうんこをしないのに、高速移動中に2回もした事がありました。

そのうち1回は服が汚れる程派手に噴火したので、服は多めに用意しておきましょう。


時間に余裕を持つ

ここまで読んできて何となくお気づきかと思いますが、

赤ちゃんを連れての移動はめちゃくちゃ時間がかかります。

約1時間に一度の休憩の度に、おむつ替え+授乳+休憩で、最短でも30分以上はかかります。

もっと早く移動したい!と焦ってはいけません。

 

高速道路で移動するのであれば、赤ちゃんの為にも無理は禁物です。

このペースを守って、移動できる範囲内にしましょう。

 

実際、愛知県を16時頃出発し、

東京都八王子市に着いたのが23時過ぎと、約8時間かかりました。

確かgoogleマップによると予測時間は3時間台でしたが、倍以上かかりました。

最低でも、2倍の時間はかかると見積もっておくと良いかもしれませんね。

赤ちゃんに説明する

初めての高速道路。

遠いし、不思議な事がいっぱいで、赤ちゃんは不安でいっぱいです。

少しでも不安を取り除くために、赤ちゃんに説明、お願い、お礼をしましょう。

 

出発する前に『今日は○○まで車で行くよ。ちょっと遠いけど頑張ろうね』

休憩時に『よく頑張ってるね。またしんどくなったら教えてね』

到着したら『○○に着いたよ!よく頑張ったね、偉いね!』

などと話しかけてあげましょう。

赤ちゃんなりにきっとわかってくれます。

あわせて読みたい♥
生まれる前の胎内記憶とは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんを連れて、高速道路などで

長距離移動する場合のポイントをまとめてみました。

赤ちゃんがいるとこんなに大変なんだ・・・世の中のパパママはすごい!と思いましたが、

同時に、子どもとお出かけするのってこんなに楽しいんだ!とも実感しています。

みなさんのお出かけも楽しく、思い出深いものになることを願っています。

あわせて読みたい♥
BabyParkの親子コンサート音の家に行ってきたよ
ハッピーママフェスタ川崎はお土産充実イベント♪

子供の為に知っておきたいことカテゴリの最新記事