妊娠・授乳中の食生活

カフェインレスコーヒーはネスカフェが一番美味しい?

コーヒーとスイーツに目が無い、気まぐれプレママです。

やっぱり疲れた時はコーヒーとスイーツで元気をもらいたい・・・。

ですが、妊娠中・授乳中のカフェインは摂りすぎ注意です。

カフェインレスコーヒーの安全性が心配な方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

カフェインレスコーヒーにも色々種類があり、ネスカフェからも発売されています。

そこで今回、コーヒー好きの私がカフェインレスコーヒーを10種類以上試してみたので、

その中でもこれは美味しい!と思った商品をご紹介したいと思います。

妊娠中・授乳中のカフェイン摂取について

妊娠・授乳中に制限するべき成分として有名なカフェインですが、絶対に摂取してはいけない訳ではありません。

お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、妊娠中は1日に150㎎くらいまでに抑えるのが良いとされています。

授乳中の場合、夜泣きが激しくなる、寝つきが悪くなるなど、目立った変化が無ければ妊娠中同様1日150㎎までは摂取しても大丈夫と言われています。

敏感な子の場合は摂取量を抑える、もしくは摂取しない様にしましょう。

カフェイン制限によるストレス

妊娠した途端、一切のカフェインを断つ妊婦さんがいらっしゃいますが、

我慢しすぎてストレスを溜まってしまうのであれば、それは逆効果です。

私が通院している産婦人科の先生も「コーヒーは1日に2杯までなら大丈夫」と言っています。

最初は飲みすぎに注意して、ゆくゆくはノンカフェインに切り替えていくのが理想的ですね。

カフェイン含有量一覧

先ほどカフェインは1日に150mgまでと記しましたが、一体それはどの位の量なのでしょうか。

飲み物に含まれるカフェイン量の一覧表を作ったので、目安にしていただければと思います。

ハーブティー・麦茶・ルイボスティーはカフェインが含まれていないので、安心して飲めます。

もちろん、お水もOKです!

種類 カフェイン量(150mlあたり) 種類 カフェイン量(150mlあたり)
コーヒー 60mg 紅茶 30mg
カフェオレ 40mg 玉露 180mg
ココア 50mg 緑茶 30mg
エナジードリンク 30mg 烏龍茶 30mg
コーラ 15mg ハーブティー 0mg
麦茶 0mg ルイボスティー 0mg

妊娠中のカフェイン過剰摂取の影響

 

 

 

 

 

そもそもなぜ妊娠中・授乳中はカフェイン摂取が良くないのでしょうか?

アメリカの研究によると、カフェイン摂取量が1日に200mg以上の妊婦さんは、全くカフェインを摂取していない妊婦さんに比べ、流産の確率が2倍になると報告されています。

また、イギリスの研究によると、カフェイン摂取量が1日に100mg以下の妊婦と比較し、100mg~199mgのカフェインを摂取した妊婦さんは、未熟児(低出生体重児)の赤ちゃんが生まれるリスクは20%高くなり、200mg~299mgを摂取した人は40%、300mg以上で50%高くなると報告されています。

過剰に摂取しすぎた場合には流産したり、未熟児で生まれてくる確率が上がるという事です。

くれぐれも過剰摂取には気をつけましょう。

カフェインレスコーヒーは安全か危険か

カフェインレスコーヒーは危険。

そんな話を耳にされた事があるかもしれません。

しかしそれは海外のカフェインレスコーヒーの話であり、日本のカフェインレスコーヒーは安全です。

では海外のカフェインレスコーヒーと日本のカフェインレスコーヒーは何がちがうのか、比べてみましょう。

海外のカフェインレスコーヒーの作り方

海外のカフェインレスコーヒーは、簡単で味を落とさない為に『ジクロロメタン』という薬品を使って、コーヒーからカフェインを抜いています。

この『ジクロロメタン』という化学薬品は、金属機械の油脂を洗浄する時に使われるほどの強力な薬品です。

その為、日本では安全性が保障されていないという事で、この薬品を用いる事は認可されていません。

日本のカフェインレスコーヒーの作り方

日本ではジクロロメタンの使用が認められていない為、代わりに以下のような方法でカフェインを抜いています。

超臨界二酸化炭素

この方法は化学薬品を使わない優秀な方法と言われていますが、それほど多くはありません。
おそらく、コスト面で採算がとりにくいのだと思われます。

水抽出

水だけで抽出するわけではなく、薬品も使用する方法です。
ただし、コーヒー豆と薬品が直接触れることはない為、安全性が高い方法と言われており、ネスカフェなど多くのブランドで採用されています。

しかし、味が水っぽくなりやすい抽出方法なので、『日本のカフェインレスコーヒーは薄い、まずい』と言われるきっかけになっています。

たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶は美味しい?まずい?

日本のカフェインレスコーヒーが安全である事はおわかりいただけたかと思いますが、類似品としてたんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶というものも耳にした事があるかもしれません。

これらはまさに濃い麦茶です。

タンポポの根をローストして、コーヒー風味を目指しているんだとか。

コーヒー豆は一切使用していないそうです。

正直味は期待しないでください。

私はなんとかコーヒー風にしようと、2パック同時に使い、牛乳で割ってカフェオレ風にして消費しました。

捨てるのももったいないので頑張りましたがブラックで飲みたい方、コーヒーらしさを追究したい方にはお勧めしません。

おすすめカフェインレスコーヒー

そんな話はさておき、おいしいカフェインレスコーヒーの話をしましょう。

色々試した結果、ちゃんとコーヒーの風味が損なわれず、満足感のあるカフェインレスコーヒーを見つけました。

形態は、ペットボトルタイプ・ドリップパック・インスタント・コーヒー豆など

様々なタイプがありますが、今回は時間がかかるコーヒー豆は除きます。

ネスカフェゴールドブレンド(カフェインレス)

まずは気軽に飲めるインスタントタイプ。

職場に持って行くにも便利です。

よく売られている市販のカフェインレスコーヒーの中では、個人的に一番好きです。

水抽出ですが、薄いという感じもせず、良い香りもします。

他にもっと安いカフェインレスコーヒーも売っていますが、味に妥協しないのであればこれがベスト。

デカフェコロンビア

こちらはドリップタイプのコーヒーです。

コーヒーマイスターが厳選した、良質なコロンビア産のアラビカ種100%コーヒー豆を使用しているので、淹れている時の香りから十分に楽しめる逸品です。

最初、少し表面を濡らす程度にかけ、30秒待ち、

その後ゆっくり『の』の字に淹れると、より美味しく飲めますよ!

ネスカフェゴールドブレンド(カフェインレス) ペットボトルタイプ

妊娠中・授乳期は身体を冷やしてはいけないといいますが、やっぱりアイスコーヒーが飲みたい!!!

なんて方にはコレがおすすめ!

先ほどご紹介した、ネスカフェゴールドブレンドのペットボトル版です。

私はこれをお風呂上りに1杯飲むのが最高の幸せです。。。

くぅぅぅーーーーー!!!!

って、おじさんがビール飲むときみたいなリアクションしちゃいます 笑

スーパーで買うと重いので、楽天で箱買いしてストックしてます。

この商品は現在取り扱いされていません

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『妊娠すると、コーヒーがたくさん飲めない!!』

と、愕然とした珈琲愛好家のみなさん。

落ち込まないでください。

 

おいしいカフェインレスコーヒーを飲んで、リラックスしてください。

最初は少し物足りなく感じるかもしれませんが、そのうち身体が慣れます。

妊娠前は、コーヒーを一日3杯以上飲んでいた私がそうでした。

それでもイライラしてしまう時は、一日2杯まで普通のコーヒーを飲んでもOKと覚えておきましょう。

あわせて読みたい
妊娠中・授乳中の飲み物の影響が気になる。安産になる飲み物とは??ビールとコーヒーが大好きで、妊娠初期は阿鼻叫喚した、気まぐれプレママです! 妊娠中・授乳中といえば食べ物や飲み物の制限が多いですよ...

 

ビールも大好きだった気まぐれプレママが、ノンアルビールの比較をしてみたよ!

あわせて読みたい
2018年最新ノンアルコールビール比較!妊娠中・授乳中の我慢もゼロ!突然ですが、皆さんはお酒はすきですか!? 私は妊娠前は毎日でも飲みたいくらいのビール党でした。 妊娠したのはもちろんとっても...

 

ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!