出産直前!妊娠線は未だZERO~♪

   

マタニティライフももうすぐ終わり。。。

妊娠39週目、来週には出産予定日です。前駆陣痛が毎日の様にあり、落ち着かないソワソワした日々を送っています。

そんな私ですが、妊娠生活を振り返り気が付いた事が。

それは未だ妊娠線が一本も出来ていない事!

ケアを頑張った甲斐がありました。

というのも、実は学生時代に一度激太りしてお尻に肉割れが出来た事があるんです。

見つけた時はさすがにショックでした。。。

今回は私が妊娠中欠かさずにしてきたケアの方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

そもそも妊娠線とは?

妊娠線は、妊娠によりお腹や二の腕、背中、太ももあたりが大きくなり、その膨張についていけなくなった肌内部の真皮が傷付くことで発生します。

妊娠時に出来るので妊娠線・マタニティラインと呼ばれていますが、妊娠していない通常時に急激に体重が増加した事により出来る線は肉割れと呼びます。

妊娠線ケアを始める時期は?

妊娠線を絶対に作らないためにも、早めのスタートが重要です。

皮膚の急激な伸びがいつ起きるかは妊婦さんといっても、人それぞれです。妊娠初期にポコンとお腹がでる方もいれば、後期に入ってから急激に大きくなる方もいます。

ですから、「自分はまだ大丈夫」ではなく、妊娠が分かったら早めに3・4か月目頃から妊娠線ケアを開始しましょう。

私は妊娠4か月目から毎日欠かさず塗るように習慣づけました。

スポンサーリンク

ケチな私が選んだ妊娠線クリーム

実際に私が使っている妊娠線クリームは、『mitete』のマタニティクリームです。

女性100人の声から生まれた【マタニティクリーム】

たまごくらぶなどの雑誌や、ネット通販でも本当にたくさんの種類のマタニティクリームが販売されています。

その中で、どうしてこれにしたの?と思われるかもしれません。

わたしがこのクリームを選んだ理由はコスパ・・・。

やっぱりコスパです!

miteteのマタニティクリームは最強コスパ

かといって、安かろう悪かろうは許さない。

良い商品をお得に使いたい!そんな精神で他商品との徹底比較をした結果です 笑

妊娠初期から産後まで約1年近くは使用するクリーム。

せっかくなので、たっぷり塗って確実に防ぎたいと思いました。

それで色々調べてみると、初回は500円でとてもお得そうだけど、次回からは5000円近いものや、

同じくらいの価格でも入っている成分が乏しいもの・・・。

比べてみると意外と差がある事が分かりました。

miteteのマタニティクリームは、初回から正規の価格、まとめ買いや定期便にすれば10%・20%とお得になる価格設定なのでだまされた感が無く、良心的だと思いました。

miteteのマタニティクリームは葉酸たっぷり

妊娠中常に意識的に摂取するべき成分、葉酸。

医師や保健センターの保健師さんからも口を酸っぱくして言われますよね。

その葉酸がmiteteのマタニティクリームにはたっぷり配合されているんです。

それにより、身体のめぐりがよくなると言われています。

実際、このクリームは少し黄色がかっていますが、それは葉酸の成分によるものらしいです。

アロマの香りが心地良い

何よりこのクリームが好きになった理由は「香り」です。

香料などの無理やり付けた感じの香りではなく、優しくビターオレンジが香るんです。

お風呂上りに塗るので、余計にリラックスできて一日のご褒美、という感じで私は大好きです。

妊娠中のモヤモヤした心も、スッと落ち着かせてくれる気がします。

公式サイトのURL、ご案内しておきます。

【miteteのマタニティクリーム】

妊娠線クリームを塗る箇所

妊娠線が出来るのはお腹だと思いがちです。でも実は、お腹以外にもできやすい箇所はいくつかあるんです。

お腹以上に日常生活で見えてしまう部分もあるので、念入りにケアする必要があります。

おなか・下腹

まず代表的なお腹・下腹です。へそまわりや下腹、足の付け根や側面もできやすいと言われています。しっかりとクリームを塗りこみましょう。

  1. まずは、おへそまわりから
  2. クリームをつけた手のひらで円を描くように、全体に右回りに伸ばします。
  3. 下腹部は下から上へやさしく

※お腹は張ると良くないので、じっくりマッサージせず、サッと塗る程度でOKです

太もも

妊娠で脂肪がつきやすい箇所です。ですが、普段から結構太い事もあり、自分では気づきにくい部分ですね。膝から足の付け根に向けて下から上へ引き上げるようにマッサージしながらクリームを塗りましょう。

お尻

こちらは、妊娠線が出来てしまってから気が付く方が非常に多い箇所です。お風呂上りなどに鏡などを使って定期的にチェックしましょう。

  1. 手のひらクリームをつけ、おしりの下の付け根の部分から外側へ
  2. 上へ上へと向かっていくよう、スーッと引き上げます

二の腕

妊娠前より太くなったかも、と感じたら塗りましょう。二の腕を揉みほぐすようにしながら塗りましょう。

バスト・デコルテ

妊娠が進むと胸が急激に大きくなり、張ってくるので、皮膚が引き伸ばされやすくなります。乳房の付け根や脇の近くにできやすいのが特徴です。

  1. バストの下から外側そして上へ塗っていきます
  2. クリームをつけた手のひらで包むように引き上げます
  3. デコルテから首下までリンパを流すように塗る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠生活は長いようで短いです。毎日妊娠線クリームを塗るのは多少手間ではありますが、産後も綺麗な身体を保つためには頑張りどころです!

生まれてきた赤ちゃんが大きくなったら一緒にプールや温泉に行く楽しみもありますし、頑張りましょうね!

 - マタニティ, 妊娠中の病気・トラブル