妊娠・授乳中の食生活

妊娠中・授乳中の飲み物の影響が気になる。安産になる飲み物とは??

ビールとコーヒーが大好きで、妊娠初期は阿鼻叫喚した、気まぐれプレママです!

妊娠中・授乳中といえば食べ物や飲み物の制限が多いですよね。

でも今までの生活の中で毎日飲んでいる飲み物には、

これが飲めないなんて辛すぎる!飲みたい!というものや、

『どうしてこれを飲んではいけないの!?ちょっとだけならいいのかな?』

などのお悩み・疑問を解決したいと思います。

妊娠中に安産の為に、飲むことが推奨されている飲み物もあるので、ご紹介したいと思います。

カフェイン摂取について

まずは制限するべき成分として有名な、カフェインについてです。

カフェインと言えば、思い浮かべるのがコーヒーですが、その他にも様々な飲み物にカフェインが含まれています。

カフェインは絶対に摂取してはいけない訳ではありません。

お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、1日に150mgくらいまでに抑えるのが良いとされています。

 

妊娠した途端、一切のカフェインを断つ妊婦さんがいらっしゃいますが、

我慢しすぎてストレスを溜まってしまうのであれば、それは逆効果です。

私が通院している産婦人科の先生も「コーヒーは1日に2杯までなら大丈夫」と言っています。

最初は飲みすぎに注意して、ゆくゆくはノンカフェインに切り替えていくのが理想的ですね。

カフェイン含有量一覧

先ほどカフェインは1日に150mgまで、と言いましたが一体それはどの位の量なのでしょうか。

飲み物に含まれるカフェイン量の一覧表を作ったので、

目安にしていただければと思います。

ハーブティー・麦茶・ルイボスティーはカフェインが含まれていないので安心して飲めます。

もちろん、お水もOKです。

種類 カフェイン量(150mlあたり) 種類 カフェイン量(150mlあたり)
コーヒー 60mg 紅茶 30mg
カフェオレ 40mg 玉露 180mg
ココア 50mg 緑茶 30mg
エナジードリンク 30mg 烏龍茶 30mg
コーラ 15mg ハーブティー 0mg
麦茶 0mg ルイボスティー 0mg

妊娠中・授乳中のカフェイン摂取の影響

そもそもなぜ妊娠中・授乳中はカフェイン摂取が良くないのでしょうか?

アメリカの研究によると、カフェイン摂取量が1日に200mg以上の妊婦さんは、

全くカフェインを摂取していない妊婦さんに比べ、流産の確率が2倍になると報告されています。

また、イギリスの研究によると、カフェイン摂取量が1日に100mg以下の妊婦と比較し、

100mg~199mgのカフェインを摂取した妊婦さんは、未熟児(低出生体重児)の赤ちゃんが生まれるリスクは20%高くなり、

200mg~299mgを摂取した人は40%、300mg以上で50%高くなると報告されています。

 

授乳期のママさんと赤ちゃんにも問題が起こりえます。

授乳中はママが摂取したカフェインが母乳にも入るため、過剰に摂取すると赤ちゃんが中々寝てくれなかったり、

落ち着きがなくなったり、ぐずりやすくなると言われています。

出産したからもう大丈夫、という訳にはいかないので、赤ちゃんの為にも、

赤ちゃんが卒乳するまではカフェイン制限を続けましょう。

カフェインレスコーヒー

とは言え、いきなりコーヒーを制限するのは辛いという方も多いと思います。

そんな方に今人気なのが、カフェインレスコーヒー(もしくはデカフェ)です。

最近ではスターバックスコーヒーやタリーズコーヒー、ローソンのマチカフェ(一部店舗)などでも取り扱われています。

カフェインを摂取すると夜眠れなくなったり、

お腹が緩くなる体質の方や妊婦さん・授乳中のママさんを中心に人気を博しています。



日本ではここ数年で一気に知名度が上がりましたが、海外では以前から人気があり、

割と小さなカフェなどでもメニューにありポピュラーです。

日本では、インスタントやペットボトルではまだまだ売っているお店は少ないのが現状です。

西松屋などのベビー用品店には大抵カフェインレスコーナーがあるので、

一度チェックしていただければと思います。

もちろん、ネットだと種類が多いので、そちらもお薦めです。

もっと詳しくカフェインレスコーヒーについて知りたい方はこちらの記事へどうぞ

あわせて読みたい
カフェインレスコーヒーはネスカフェが一番美味しい?コーヒーとスイーツに目が無い、気まぐれプレママです。 やっぱり疲れた時はコーヒーとスイーツで元気をもらいたい・・・。 ですが...

カフェインレス紅茶

続いてはカフェインレスの紅茶についてです。

コーヒーに比べるとカフェイン量は少ないですが、一日に何杯も飲む方はカフェインレスの物をチョイスすると良いと思います。

100袋入りでコスパが良いので、デイリー用にぴったりです。

アールグレイは紅茶にベルガモットの香料で、香りをつけたもののことを指します。

ベルガモットの香りには、イライラした気持ちを鎮静する作用や抗うつ作用、

気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれます。

食欲を調整する作用もあり、つわりなどの食欲不振や摂食障害などの食生活上の問題の改善にも役立ちます。

心が落ち着く香りなのでとても良いと思いますが、

においつわりなどが辛い方には不向きかもしれませんので、ご自身の身体と相談して飲むようにしましょう

カフェインレス紅茶 6種お試しセット

紅茶には様々なフレーバーがあるのが楽しいですよね。

こちらは6種類が試せるので、色んな味を試してみたい方におすすめ!

パッケージもアリス風でかわいいので、優雅なティータイムを過ごせますよ♪

妊娠中・授乳中のアルコール摂取について

続いては、こちらも妊娠初期にはちょっぴり辛い、アルコールの摂取についてのお話です。

妊娠中・授乳中のアルコール摂取は、胎児性アルコール症候群を引き起こす可能性があります。

胎児性アルコール症候群とは、赤ちゃんがママのお腹にいる間に、ママが摂取したアルコールの影響により、胎児の発育が遅れる、脳の発育が不十分で言語や学習に障害を持って産まれるなどの症状があります。

少量ならばアルコール摂取が可能とはいわれますが、明確な安全ラインは未だ解明されていません。

海外の妊婦さんは、あまり気にせずワインを飲む、という話を聞いた事があるかもしれませんが、日本人は元々アルコールの分解酵素が少ない人種です。

要するに、欧米人より、アルコールの影響を受けやすい体質です。

なので極力避けるようにしましょう。

どうしても我慢しているとイライラするという場合は、一週間に1杯程度は影響が無いと言われています。(自己責任です)

それ以外はノンアルコールドリンクでセーブしましょう。

ノンアルコールビール

私は元々ビールが大好きなので、妊娠中の今はノンアルコールビールを愛飲しています。

最近のノンアルビールは、アルコールが入っていないとは思えない様なクオリティーの製品もあり、ストレス解消にもとても役立っています。

以前ノンアルコールビールの比較をしたので、もしよろしければ、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
2018年最新ノンアルコールビール比較!妊娠中・授乳中の我慢もゼロ!突然ですが、皆さんはお酒はすきですか!? 私は妊娠前は毎日でも飲みたいくらいのビール党でした。 妊娠したのはもちろんとっても...

安産の為の飲み物ラズベリーリーフティー

ここまでは妊娠中・授乳中でも飲める飲み物について、ご紹介してきましたが、一世一代の出産を安産にする為の飲み物があるってご存知でしょうか。

ヨーロッパでは昔から「安産のためのお茶」と呼ばれている、ラズベリーリーフティーです。

このお茶には、妊婦さんや産後ママに嬉しい様々な効果があります。

は、フルーツのラズベリーを想像すると甘酸っぱいイメージですが、

ラズベリーリーフティーはほうじ茶の様なさっぱりとした味で、毎日でも飲みやすいです。

ラズベリーリーフティーの効果

分娩時間の短縮

自然分娩の場合、分娩時間は人それぞれです。

一般的な分娩所要時間は初産婦さんで11〜15時間位、経産婦さんで6〜8時間位と言われています。

想像するだけでも長い闘いですね。。。

ヨーロッパの研究では、ラズベリーリーフティーを毎日飲んだ結果、

分娩第2期(子宮口が完全に開いてから赤ちゃんが出てくるまでの時間)が9.6分も短くなったという結果が報告されています。

研究では妊娠8か月に入ってから出産まで、毎日1日2回1.2gのラズベリーリーフティーを飲んでいたということです。

陣痛を和らげる

ラズベリーリーフティーには、フラガリンという子宮や腰回りの筋肉を収縮させ、正常に保つ働きを促進させる成分が含まれています。

骨盤や子宮の筋肉が強化され、陣痛を緩和してくれる働きが期待できるのです。

出産時の出血量が少なくなる

ラズベリーリーフティーには子宮収縮と血管を縮める効果があります。

そのおかげで分娩時の出血を少なくしてくれます。

分娩時間が長引くと出血量も自動的に増えますので、分娩時間が短くなるという効果も、分娩時の出血を少なくしてくれることに繋がると言えるでしょう。

母乳の出が良くなる

ラズベリーリーフティーは出産前だけのものではありません。

産後もラズベリーリーフティーを飲み続けることにより、子宮収縮の効果を促して母乳の出が良くなるという、嬉しい効果が期待できます。

また、授乳中に必要なビタミンや鉄分も摂取できるので、質の良い母乳を赤ちゃんに与えられます。

あわせて読みたい
母乳が出ない!真剣に完全母乳・完母を目指すVol.2~乳首矯正・桶谷式母乳マッサージ~出産の疲れが癒える間もなく始まるのが、かわいい我が子のお世話。 おむつを替えたり、泣いたら抱っこしたり、授乳をしたり、ミルクをあげ...

産後の子宮の回復が早まる

お産の直後のママの身体は、長い間お腹の中にいた赤ちゃんが出て、体内環境が急激に変わります。

子宮も出産という大仕事を終え、疲れ切っています。

その子宮を収縮させる効果があるので、産後の母体の回復も早くなるということです。

産前とは変わってしまった体型を早く元に戻したいという想いは、全てのママが願うこと。

体型を戻したいけど、しっかり食べて母乳を出さなくてはいけないので、あまり食事制限はできません。

そんなときにもラズベリーリーフティーが役に立ちます。

ラズベリーリーフティーを飲み始める時期

ラズベリーリーフティーを飲み始めるのは妊娠後期に入る8か月頃からにしてください。

ラズベリーリーフティーには子宮を収縮させる作用があるので、妊娠初期から中期には飲まないでください。

妊娠8ヶ月以降でも、お腹の張りが強いときや切迫早産と診断されている時、鉄剤を処方されているときは飲むのを控えてください。

飲み始める前に担当医師に相談すると、より安心かもしれません。

人気のラズベリーリーフティー

妊婦さんに断トツの人気を誇るのがAMOMAのハーブティー。

ラズベリーリーフティを出しているブランドは他にもあるんですが、AMOMAは一日に摂るべき1.2gを忠実に作っているんです。

お腹の赤ちゃんへの影響も考えて、農薬の心配がないオーガニック製法なのも嬉しいポイントですよね。

妊娠中の今からお腹の赤ちゃんの為に出来る事は限られています。

出来る事から始めていきたいですね!




また、AMOMAでは産後も母乳育児を助けてくれるミルクアップブレンドなど、様々なハーブティがあります。

私も最初母乳が十分に出なかったので、ミルクアップブレンドにお世話になっていました。

どちらも飲みやすい味なので、ハーブティが苦手な方でも飲めると思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠中は様々な制限がありますが、妊娠をきっかけに知らなかった飲み物に出会うこともあります。

これをきっかけに色んな飲み物に挑戦してみると、マタニティライフが楽しくなりますよ!

あわせて読みたい
楽天スーパーセールのベビー用品お買い物リストはこちら!楽天ヘビーユーザーの気まぐれプレママです! 現在楽天スーパーセールが実施中ですね♪ 期間は6月14日(木)20:00~6月2...

 

ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!