真剣に完全母乳・完母を目指す Vol.1~出産前準備編~

   

気まぐれプレママです!今回は授乳について考えていきたいと思います。赤ちゃんが産まれたら、母乳をあげたい(完全母乳育児)か、ミルクをあげたいか、母乳とミルクをバランス良くあげたい(混合)か、の3種類の方法が挙げられます。
そもそも、多くの妊婦さんが、「母乳は何もしなくても勝手に出るもの」と考えています。ですが、実際は、全く問題なく母乳が出るのは妊婦さん全体の約30%と言われています。多くのママが出産後、母乳が出ないという悩みに直面します。では、母乳育児に向けてママが妊娠中から準備できることは何でしょうか。
今回は、妊娠中からできる”母乳育児に向けたおっぱいケア”で、現在妊娠8か月目の私が実践している事をレポートしたいと思います。

毎日の母乳マッサージ

マッサージは色々な種類がありますが、出産前にするべきマッサージの基本は乳輪・乳首を整えるためにします。これは赤ちゃんがくわえやすく、吸いやすいように乳頭の直径が1㎝以上で、マシュマロの様に柔らかい状態になっているのが理想と言われています。具体的に何をすべきかご説明します。

スポンサーリンク

母乳マッサージの仕方


まず、爪を切った清潔な指で乳輪・乳首の部分を強めに3本指でつまみ、ぐりぐりとねじってください。両胸を約一分間ずつ、一日一回する程度で良いそうです。最初のうちは、白い脂肪の塊の様なものがムニュっと出てきますので、それを丁寧に取り除きましょう。毎日続けていると塊ではなく、黄色に近い白色の液体がじんわり出てくるようになります。長年溜まっていたものが全て押し出され、乳管が開通した証です。
私はこのマッサージを始めてから2週間程度で液体が出るようになりました。正直、それまで出る気配が無かったので、効果を疑っていました。お腹の張りが多かった日を除いて、ほぼ毎日続けると出たので、皆さんも頑張ってください!初めてトロっとした液体が出てきた時の感動はなかなかのものでしたよ。

母乳マッサージを始める時期は?

これは妊娠24週目頃からするように言われていますが、お腹が張りやすい方は妊娠30週頃からでも全然良いそうです。力加減は自分でつまんで痛いと感じる程度、無理は禁物です。
ちなみにマッサージをするタイミングはいつでもいいのですが、入浴後が身体が温まっているからか、白い脂肪の塊が出やすいように感じました。

扁平、陥没乳頭の方の準備方法

扁平乳頭や陥没乳頭の人は指で行う乳頭マッサージだとつまみにくく、やりづらいという方もいらっしゃると思います。そういう時は市販で乳頭吸引器・乳頭補正器という、乳頭を吸い出し形を整える器具を利用しましょう。乳頭にかぶせて陰圧で吸い出すものなのですが、根気よく続けると乳頭が長くなり吸いやすい乳頭になるというものです。
いくつか種類があるようなので、どれを使うべきか分からない場合は妊婦健診や母親学級などで助産師さんに乳房や乳頭の状態を見てもらい、アドバイスしてもらいましょう!

油分の摂りすぎに気をつける

母乳は血液からできているので、良い母乳を作るためには血液の質を高めておくことが大切と言われています。
食生活は母乳の分泌にも影響します。油分を摂りすぎると母乳が詰まりやすく、乳腺炎などになりやすいと言われています。せっかく母乳マッサージで乳管が開通しても、油分を摂りすぎると再び乳管が詰まり、努力が水の泡になりかねません。そんな事を避けるためにも、油分が比較的少ない和食中心の生活を心がけると良いと言われています。

また、おやつについても同様で、ケーキやチョコレートなどの洋菓子は脂肪分が多く控えた方が良いと言われています。では何なら食べても良いのでしょうか?それは意外にも、和菓子です。以下の様な理由があります。

○カフェインが多い原材料(チョコレートやコーヒーなど)が使われていることが、少ない
○もち米(おはぎ、大福など)で作られているものは母乳の分泌を促す働きがある
○サツマイモやカボチャ、豆類など、素材がヘルシーなものが多い
○洋菓子に比べて、添加物が少ない(水ようかん、わらびもち、くずもち、だんごなど)
○和菓子によく使われる「小豆」は母乳にとっていい食品である
○和菓子によく使われる「寒天」は食物繊維が豊富で、便秘対策にいい
○和菓子によく使われる「きな粉」や「ごま」は母乳育児中のママに必要な栄養素がたっぷりである

ただ、和菓子の中でも、

× バターがたっぷりのどらやき
× 揚げ団子、おかき

などは、油脂が多いので気を付けて下さい。

母乳育児中の間食は和菓子がいい!?より引用

私自身チョコレート大好き人間なので、正直少し困っていますが、いきなり止めるとストレスが溜まってしまうので、徐々に減らしていこうと思っています・・・。

スポンサーリンク

水分を多めに摂る習慣を作る

産後は母乳をよく出すために水分を1日3L前後飲むのが良いと言われています。3ℓって結構多いですよね。いきなりはそんなに飲めなさそうだと思ったので、妊娠中の今から意識的にこまめに水分を摂るようにしています。
また妊娠8ヶ月目以降は、母乳の出が良くなるといわれているラズベリーリーフティーを飲んでいます。身体が冷えている朝と夜寝る前に飲んでいます。ラズベリーというので甘いのかと思ったらそうでもなく、さっぱりした飲み口で飲みやすいです。お腹が張りやすい方は一度医師に相談してから飲み始めるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?産後すぐから母乳が満足に出ない人は、母乳育児ママのうち70%と言われています。完全母乳育児を目指される方は、産まれてから何とかすればいいやという考えではなく、産前から母乳育児に向けて準備を整えた方が良いと思います。ここに書いた事を実践しても必ず母乳が出るとは言い切れませんが、出る確率は上がると思います。
私は妊娠8か月目で乳管が開通した状態ですが、実際に産まれてから十分な母乳がすぐに出るかどうかは分かりません。出産後にまたみなさんに経過報告できたらと思います!

 

 

 

 - マタニティ, 妊娠・授乳中の食生活