助産師さんについて学ぶ

   

妊娠して産婦人科に通院、入院すると深い関わりを持つのが助産師さん。
場合によっては医師よりも接する機会が多いかもしれません。今回はそんな助産師さんという存在についてまとめてみました。

助産師とは?

助産師さんは分娩介助や母乳育児など女性の一生の健康のプロで、看護師免許も保有しています。

資格も職域も違う

大きな病院なのでは、助産師も看護師も同じようなユニホームを着ているので、一見違いがわからないかもしれません。
ネームホルダーに「助産師」「看護師」と明記されているところもあります。
助産師は看護師の資格を得てから、一般的に1年間、母性看護領域等の座学と分娩介助実習を経て、国家試験に合格した人だけに与えられる資格です。
つまり、助産師の資格は、看護師の資格があることが前提です。当然ながら職域にも違いがあります。
例えば、お腹の赤ちゃんの様子を見るために妊婦さんの内診をするというのは、医師及び助産師にしかできない行為です。
「病院にはお医者さんと看護師さんがいると思っていたけど、自分が妊娠して初めて助産師さんの存在の大きさが分かった」と言う方も多いようです。
妊娠すると助産師外来などを設けている病院も多いので、助産師さんとの接点が大いに増えていきます。
実際私は切迫早産で妊娠後期に2週間ほど入院しましたが、助産師さんにアドバイスをもらったり、出産の心構えを教えてもらったりしました。

● 関連記事 ●
プロの助産師さんに色々聞いてみた!陣痛や母乳などプレママの心配事を解消!

スポンサーリンク

助産師はお産のプロ

助産師は医師と同等に正常産を扱える専門職、言うならばお産のプロです。また助産師が開業している出産施設を助産院といいます。
助産師は医師と違い、医療行為はできません。ですから、助産院では会陰切開ができないからこそ会陰保護の技術に長け、陣痛促進剤が打てないからこそ、心を緩めるような会話、肌にやさしく触れるマッサージ、足湯やアロマなどで、生む力を高めてくれます。自然なお産や母乳育児でEBM(エビデンス・ベイスド・メディスンの略で『根拠に基づく医療』の意味)を重んじ、様々な妊婦さんの悩みにも、科学者と生活者の両方で判断サポートしてくれます。
コミュニケーションの方法も指導と言うよりは、支援を念頭に置いた接し方で、リラックスしてお産に臨めるといわれています。

スポンサーリンク

助産師文化について

今は出産の時にお世話になる、というイメージが強いですが、元々は助産師の役割はもっと幅広いものだったと言われています。
女性の妊娠、出産、育児サポートはもちろん、思春期の悩み相談から更年期のアドバイスに至るまで、女性の一生に関わるサポートをしてくれる存在でした。
ほとんどが自宅出産だった時代に、お産婆さんと呼ばれた助産師はよろず相談所のような存在で、お産の合間に夫婦喧嘩や嫁姑問題まで解決してくれるような、心強い存在だったようです。

まとめ

妊娠出産と言う、女性にとって人生の一大イベントをサポートしてくれる助産師さん
このプロを、味方につけない手はありません。是非、色んなことを質問して、コミュニケーションをとりましょう。
特に自らが出産を経験した助産師は、経験談を聞いてみるのもとても参考になりますよ!

 - マタニティ, 出産の話