入院中に助産師さんを味方につけて出産を成功させよう!

入院中に助産師さんを味方につけて出産を成功させよう!

妊娠して産婦人科に通院、入院すると深い関わりを持つのが助産師さん。

場合によっては医師よりも接する機会が多いかもしれません。

そんな助産師さんを味方につけると心強く、妊娠・出産の不安が減ります。

 

特に、切迫早産などで妊娠中から入院する場合は、仲良くしておくのがベター。

今回は助産師さんを味方につける方法を、伝授しようと思います!


助産師さんとのコミュニケーション術

 

助産師さんと良い関係を築くためには、

いくつかポイントがあるのでまとめてみました。

仕事の邪魔はしない

助産師さんは非常に忙しく仕事をしています。

時には病棟を走り回る勢いです。

そんな時はなるべく物事を頼んだり、急ぎじゃない質問・相談をするのは止めましょう。

当たり前のことですが、非常に重要です。

忙しい時は助産師さんも人間なのでイライラします。

仕事に集中してもらいましょう。

質問・相談は要点をまとめて手短に

妊娠中・産後に助産師さんに質問などがある時は、

『今、5分くらい時間いいですか?』

と、確認をとりましょう。

また、助産師さんは勤務中なので、私語が長くなりすぎないように気をつけましょう。

助産師さんは優しいので、聞いてくれる方が多いですが、

必要以上に私語が多いとさすがに困らせてしまいます。


お礼をしっかり伝える

これは入院している時に、食事を運んでくれたり、ノンストレステストをしたりと、

色々お世話してもらうたびに、しっかりとお礼を伝えるという事です。

普段から『ありがとうございます』と言うのが身についている方にとっては、

わざわざ何を書いてるの?と思われるかもしれません。

が、しかし、言わない方も結構いらっしゃったので。

ありがとうを言わない方には助産師さんとしても、

コミュニケーションを拒まれている、と感じてしまいかねません。

せっかくのお産のプロからの情報を、聞き逃しかねませんよ。

あわせて読みたい♥
NST(ノンストレステスト)とは?何の為にするの?欠点や料金は?

気が合う助産師さんを見つける

大きな病院だと助産師さんがたくさん在籍しています。

毎日違う方が担当になる事もあります。

正直苦手な方もいましたが、とても気が合う方もいました。

恥ずかしい事でも何でも聞ける、気が許せる助産師さんを一人は見つけておきましょう。

あわせて読みたい♥
これから切迫早産入院する方に伝えたいこと。過ごし方や持ち物も!

【旦那さんも必読】絶対安静の辛い切迫早産の乗り越え方

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当たり前の事かもしれませんが、入院で不安な気持ちになったり、落ち込んでいたりすると、

なかなかむずかしいです。

ですが、入院の辛さに一番寄り添ってくれるのは、助産師さんだと思います。

一緒に乗り越え、出産の喜びを共有出来たら最高ですね。

あわせて読みたい♥
助産師さんとは?看護師との違いは?

プロの助産師さんに色々聞いてみた!陣痛や母乳などプレママの心配事を解消!

 

 

 

 

 

切迫早産カテゴリの最新記事