進路決定のシーズン。親としての心構えはどうすればいい?

   

ドラフト会議2017

今日はドラフト会議2017でしたね!普段はそんなに興味ないのですが、さすがに清宮幸太郎君がどこの球団に決まるのか気になって中継を観ていました。くじ引きで日本ハムファイターズが交渉権獲得しました!おめでとうございます!

ドラフトはプロに行きたいと決めたら、あとは天任せ・・・。指名されるのか、どの球団が交渉権を獲得するのか。選手自らはどんなに実力があっても自分では決められないシステムですよね。嬉しそうな顔をしている選手、正直微妙そうな顔をしている選手、テレビには映らなかった沢山の指名されなかった選手。

まさに今日は日本中のプロ野球を目指す選手の悲喜こもごものドラマが繰り広げられていると思います。

スポンサーリンク

 

藤井聡太四段の進路決定

話は変わりますが、将棋史上最年少プロ入りした藤井聡太四段が高校に進学する事を決めたそうです。現在プロ棋士として大活躍しているので、中学校に通うのも大変そうでしたね。

現在中学三年生で、高校に進学し、将棋と学業を両立するのか、高校進学せず、将棋に集中するのか、本人もかなり悩んでいると以前報じられていました。

現在は名古屋大学附属の中高一貫校に通っているので、そのまま内部進学という負担は比較的少ない進学方法ですが、すでにプロ棋士として活躍する中での決断は容易ではなかったと思います。中学生でプロ入りしたレジェンド加藤一二三さんや羽生善治棋聖は、高校進学しています。

進路選択。その時親としてどうすればいい?

この二人は日本を代表する注目の人物ですが、進路選択はどこの家庭にも訪れる話ですよね。現在妊娠中の方にはまだまだ実感出来ないかもしれませんが、選択を迫られたとき、親として子供に何をしてあげられるのか、どういう心構えで子供と関わるべきか、想像してみる事は大切だと思います。

子育ては十人十色。

正解は無いと思います。ですが、強いて言うならば家族の中でよく相談し、子育ての方針を意思統一しておく事では無いでしょうか?子供自身とても悩んでいる中、家族の意見もバラバラだと困惑してしまいます。悩んでいる時こそ、親として温かいサポートをしてあげたいものです。

妊娠中の時間がある今、家族で一度子供の子育ての方針について話し合ってみるのが良いと思います。その時になってみないと分からないですが、考える事を放棄していたら、「その時」になっても分からないと思います。

プレママ・プレパパがママ・パパとしての自覚を持つきっかけにもなると思うので、一緒に考える時間をとってみてはいかがでしょうか?

 - 子供の為に知っておきたいこと, ネタ