抱っこ紐

コスパの良い抱っこひもの選び方・ポイントは?

抱っこ紐を選ぶ際、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか?

どんなポイントに気を付けたら、失敗しないのでしょうか?

ブランド?デザイン?安全性?

やっぱり値段!?様々あると思いますが、

今回は初めて抱っこ紐を購入する際に必ず確認すべき、

「コスパの良い抱っこひもを選ぶポイント」をお教えしたいいと思います。

抱っこ紐はいつ使う?

 

 

 

 

 

そもそも抱っこ紐はいつ使うのでしょうか?

『抱っこ紐といえば、赤ちゃんと一緒にお出かけするときに使うもの』というイメージがありますよね。

しかし実際には、外だけでなく自宅でも、頻繁に使うアイテムです。

 

赤ちゃんが泣いているときに、毎回腕だけで抱っこするのはとても大変。

そんな時に抱っこ紐があれば、泣いている赤ちゃんをあやす時はもちろん、寝かしつけの時や、おんぶをすれば家事だってできちゃいます。

おんぶも出来る抱っこ紐はこちら
肩こり・腰痛になりにくい!【napnap 抱っこひも】

抱っこひもは産まれる前に買うべき?

抱っこ紐はベビーカーと違い、新生児から使えるものも多いです。

新生児に対応した抱っこ紐では、赤ちゃんが規定体重に達していれば使用可能なので、退院時から使うこともできます。

装着方法やサイズ感などを確認し、自分の体格にあったものを入院前に準備しておきましょう。

コスパの良い抱っこひもを選ぶポイント

サイズ感

 

 

 

 

 

ベルトの長さは調節ができますが、サイズが合っていないとパパママの疲れの原因になります。

特に小柄なママはサイズ選びに気をつけましょう。

 

海外製のものは、体格の良い海外のパパママに合わせて作られています。

そのまま使用すると、赤ちゃんとママの間に必要以上のすき間が生じて、最悪の場合、赤ちゃんが落下するなど危険です。

 

抱っこひもを装着するときのぴったりサイズは赤ちゃんのお尻がママのおへそあたりにくるサイズです。

ママが背筋をピンと伸ばし、両手で赤ちゃんのお尻を支えながら、抱っこする姿勢をイメージして選びましょう。

クッション性

 

 

 

 

 

 

【さらにポイント5倍】ハンカチ3枚セットプレゼント 送料無料 コアラメッシュプラス アップリカ Aprica 抱っこひも・スリング 抱っこひも
肩ベルトは、赤ちゃんの重みがずっしりとかかる部分です。

この肩ベルト部分のクッション性が優れていると、肩に食い込みにくく、パパママの負担を

減らすことができます。

 

同じく、腰まわりも赤ちゃんの重みを感じやすい部分です。

腰ベルトの幅が太く、しっかりサポートしてくれるタイプのものを選びましょう。

特に、腰痛持ちのパパママはこの部分を重視するようにしましょう。

装着しやすさ

利用頻度の高い抱っこ紐は、やはり使いやすさも重要です。

装着に時間がかかっていると子供も怒り始めます。

簡単すぎて安全性が犠牲になるのは、もちろんダメですよ!

通気性

ベビーキャリアONE+Air

赤ちゃんのお肌がもちもちしっとりしている様に、赤ちゃんは体温が高く、汗っかきです。

さらに赤ちゃんとママが密着するので、汗だくになってしまいます。

汗はあせもなど皮膚疾患の原因にもなるので、出来れば避けたいもの。

 

メッシュタイプのものも人気があります。

冬場は防寒ケープを取り付けることも出来るので、メッシュタイプの物を選択しておくといいです。

収納性

赤ちゃんの頃は大人しく抱っこ紐を使ってくれますが、

成長し動けるようになると、抱っこひもを着けたり外したりが頻繁になる事が多くなります。

外した時に気になるのが、腰にダラーンとぶら下がった抱っこ紐。

 

また後で着けるかもしれないという気持ちからなのか、腰には着けたままで、足元まで抱っこ紐をぶら下げているパパママ、結構見かけますよね。

足元の土や水分がつくと衛生的に良くないですし、

あまり気持ちのいい見た目ではありません。

 

 

 

 

napnapBASIC
そんな時にあると嬉しいのが、収納機能!

抱っこ紐をクルクル畳んで、腰元に収納できるタイプもあり、スマートな印象になると、先輩ママからも人気です。

安全性

抱っこ紐を選ぶときに一番重視したい安全性!

抱っこ紐は便利なアイテムですが、装着方法や使い方を誤ると、赤ちゃんが落下したり、ママが転倒する可能性があります。

過去には実際に抱っこ紐を使用しての事故も発生しています。

赤ちゃんが抱っこひもから落下 事故相次ぐ…着脱や前かがみ時に

参考サイト:Girls Channel

 

事故の内のほとんどは、誤った抱っこ紐の装着方法・使用方法によるものですが、中には製品自体に欠点がある事もあるそうです。

メーカーが安全を謳っていても本当に大丈夫か、赤ちゃんを止める仕組みが十分か、念の為厳しい目でチェックしてください。

 

 

 

 

赤ちゃんを入れるだけでなく、

内側からも留める仕組みがあると安心です。

価格

やっぱり大事な価格!

これまでのチェックポイントを満たす商品での価格帯は、およそ1万円~になってきます。

低価格な商品もありますが、機能性が十分とは言えず、結局2つ目、3つ目と次に購入していしまいがちです・・・。

せっかくならファーストチョイスで成功させたいところですよね!

私が選んだ抱っこ紐はnapnap BASIC(ナップナップベーシック)

『そういうあんたは何を選んだの?』という声が聞こえてきそうです。

私は、napnapという国産ブランドの『napnap BASIC』を購入しました。

詳しいレビューはこちらから!

あわせて読みたい
コスパ最高抱っこ紐のnapnapBASIC(ナップナップ)を首すわり前に使ってみた趣味は節約!コスパにうるさい気まぐれプレママです! 妊娠中に買っておいたnapnapBASIC(ナップナップベーシック)を、 ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上の点をチェックすると、コスパの良い抱っこひもの選び方がみつかります。

抱っこ紐は子育てをしていく上で、とっても大切なアイテムの1つです。

パパママにとっても、赤ちゃんにとっても、

快適で安心して使える抱っこ紐を選びたいですね!

あわせて読みたい
コスパの良いベビーカー選びの為の厳選比較ポイント9選みなさんもうベビーカーは選びましたか? ネットで調べたり、お店で触ってみたりしていらっしゃるかと思います。 正直違いが分から...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!