抱っこ紐ってどれも同じじゃないの?失敗しない抱っこひもの選び方

   

先輩ママ達の必須アイテム”抱っこひも”

ベビー用品で使うかどうかわからないものってありますよね?例えばベビーベッドやA型ベビーカーなどなど。そういったものは最初はレンタルをしてみて、便利だと感じたら購入するという方法も良いと思います。
かし、確実に使用すると分かっているものは、余裕のある出産前になるべく揃えておきたいものです。ベビー服や肌着、衛生用品などは確実に必要です。それと同じ位欠かせないと先輩ママ達の言うのが”抱っこひも”。

抱っこ紐と言うと、赤ちゃんと一緒にお出かけするときに使うものというイメージがありますよね。しかし実際には、外だけでなく自宅での育児でも頻繁に使うアイテムなんだとか。赤ちゃんが泣いているときにも、毎回腕だけで抱っこするのはとても大変。そんな時に抱っこ紐があれば、泣いている赤ちゃんをあやす時はもちろん、寝かしつけの時にも使えるそうです。

スポンサーリンク

抱っこひもは産まれる前に買うべき?

抱っこ紐はベビーカーと違い、新生児から使えるものも多いです。新生児に対応した抱っこ紐では、赤ちゃんが来て体重に達していれば使用可能なので、退院時から使うこともできます。装着方法やサイズ感などを確認し、自分の体格にあったものを入院前に準備しておくのが良いでしょう

何を基準に選べばいいの?

それでは抱っこ紐を選ぶ際、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか?どんなポイントに気を付けたら、失敗しないのでしょうか?値段?ブランド?デザイン?様々あると思いますが、今回は必ず確認すべき、「失敗しない抱っこひもを選ぶポイント」をお教えしたいいと思います。

失敗しない抱っこひもを選ぶポイント

サイズ感

ベルトの長さは調節ができますが、サイズが合っていないとパパママの疲れの原因になります。特に小柄なママはサイズ選びに気をつけましょう。海外製のものは、体格の良い海外のパパママに合わせて作られています。そのまま使用すると、赤ちゃんとママの間に必要以上のすき間が生じて、最悪の場合、赤ちゃんが落下するなど危険です。
抱っこひもを装着するときのぴったりサイズは、赤ちゃんのお尻がママのおへそあたりにくるサイズです。ママが背筋をピンと伸ばし、両手で赤ちゃんのお尻を支えながら抱っこする姿勢をイメージして選びましょう。

スポンサーリンク

クッション性


napnap(ナップナップ)
肩ベルトの部分には、赤ちゃんの重みがずっしりとかかる部分です。この部分のクッション性が優れていると、肩に食い込みにくく、負担を減らすことができます。同じく、腰部分も赤ちゃんの体重が負担を感じやすい部分です。腰ベルトの幅が太く、しっかりサポートしてくれるタイプのものを選びましょう。特に、腰痛持ちのパパママはこの部分を重視するようにしましょう。

通気性

ベビーキャリアONE+Air

赤ちゃんのお肌がもちもちしっとりしている様に、赤ちゃんは体温が高く、汗っかきの子が多いです。さらに赤ちゃんとママが密着するので、汗だくになってしまいます。汗はあせもなど皮膚疾患の原因にもなるので、出来れば避けたいもの。夏場にはメッシュタイプのものも人気があるようですよ。冬場は防寒ケープを取り付けることも出来るので、メッシュタイプの物を選択しておくのも良いと思いますよ!

収納性

赤ちゃんの頃は大人しく抱っこ紐を使ってくれる様ですが、成長し動けるようになると、抱っこひもを着けたり外したりが頻繁になる事が多いようです。外した時に気になるのが腰にダラーンとぶら下がった抱っこ紐。また後で着けるかもしれないという気持ちからなのか、腰には着けたままで足元まで抱っこ紐をぶら下げているパパママ、結構見かけますよね。足元の土や水分がつくと衛生的に良くないですし、なによりあまり気持ちのいい見た目ではありません。そんな時にあると嬉しい機能が、収納。抱っこ紐をクルクル畳んで、腰元に収納できるタイプもあり、先輩ママからも人気があるようです。

SGマーク

最後に、抱っこ紐を選ぶときに一番重視したいのは、やはり安全性。抱っこ紐は便利なアイテムですが、装着方法や使い方を間違えると、赤ちゃんが落下したり、ママが転倒する可能性があります。過去には実際に抱っこ紐を使用しての事故も発生しています。

赤ちゃんが抱っこひもから落下 事故相次ぐ…着脱や前かがみ時に

参考サイト:Girls Channel

事故の内のほとんどは、誤った抱っこ紐の装着方法・使用方法によるものですが、中には製品自体に欠点がある事もあるそうです。
抱っこ紐の普及に伴い、抱っこ紐から乳幼児が落下する事故が増えたことを背景に、2015年に抱っこ紐のSG基準が改正されました。抱っこ紐を選ぶときは、SGマークを取得したものを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は失敗しない抱っこひもの選び方についてでした!抱っこ紐は子育てをしていく上で、とっても大切なアイテムの1つです。パパママにとっても、赤ちゃんにとっても、快適で安心して使える抱っこ紐を選びたいですね!

 - ベビー用品