その他ベビー用品

赤ちゃんの防寒着・ベビー防寒グッズ8選!冬の出産準備にも!

1月下旬に出産し、寒さ対策に必死だった気まぐれプレママです!

寒い時期に出産を控える妊婦さんの悩みの種は寒さ!!

赤ちゃんを寒さからどうやって守ってあげればいいのだろう、と心配な方も多いと思います。

私は風が強い地域で出産したので、産院を退院して家に運ぶ過程をいかに風に当てない様に運ぶか必死に考えていました。

そのために様々な防寒グッズを研究、使用しました。

その中から冬生まれの赤ちゃんの為に絶対外せない防寒グッズ、冬のベビー服の選び方のポイントをわかりやすくご紹介したいと思います。

移動用の防寒グッズ

赤ちゃんを移動する時には、主に抱っこ紐かベビーカーを使いますよね。

抱っこ紐の場合、毛布の様な布で包むという方法もありますが、それだけでママの両手が塞がってしまうので、正直お薦めできません。

赤ちゃんの様子に合わせて着脱しやすく、抱っこ紐・ベビーカーの両方で使える事をポイントに選ぶと良いと思います。

ベビーホッパーウィンターベビーマルチカバー

人気の抱っこ紐「エルゴベビーキャリア」に取りつけできるカバーです。

エルゴの肩紐と腰のベルト部分に固定し、風や寒さから赤ちゃんを守ります。

実物を触った事がありますが、裏地がフワフワでとってもさわり心地が良く、温かい生地でした。

表面ははっ水加工が施されているので、雨や雪が降っても安心です。

また、ベビーカーにも取り付けが可能なので、ベビーカー専用のものを用意する必要なく一石二鳥と言えるでしょう。

くま耳付 防寒ケープ

こちらも防寒ケープです。リバーシブルで使えるので気分、気温、ママの服装に合わせてチェンジできるのが魅力の商品です。

機能性もさることながら、このくま耳かわいいですよね!

やっぱり可愛さも大事!とママに大人気の商品です。

中の詰め物の70%がダウンなの赤ちゃんもきっと温かいでしょう。

ポグネーベビーケープ

こちらはフードが取り外し可能なタイプです。

首元にしっかりボタンがあるので、顔の防寒性はトップレベルです。

また、足の部分がファスナーがついているので、座らせる時や温度調節してあげたい時でもさっとできます。

裏地は最高級のマイクロフリース素材を使用していますので、防寒性は抜群です。

こちらももちろん、ベビーカーに取り付け可能です!

ニットの帽子

こちらはネックウォーマーを兼ねた帽子です。

長い耳がとってもキュートです。

赤ちゃんは髪の毛が少ないので、頭が寒そうですよね。

そんな時にはとびきりかわいい帽子で可愛さと温かさのいいトコ取りしちゃいましょう!

新生児用は可愛いデザインの帽子が色々ありますので、家族で生まれてくる赤ちゃんの顔を想像しながら決めてはいかがでしょうか?

ベビーネックウォーマー

赤ちゃんとお出かけする時に、気をつけたいのがやはり首元!

風邪予防には手首・足首・首元と三つの首を寒さから守る事と言われています。

でも赤ちゃんは自由に動くので、マフラーとっちゃいそう。。。と思いませんか?

そんな時にはネックウォーマー!首元に収まってくれるので、赤ちゃんにも邪魔にされませんよ

ちょっとした外出やお散歩の時もスポッとかぶせるだけで楽々防寒できちゃいます。

室内用の防寒グッズ

室内では基本的に動きやすく、温かい服装をさせてあげましょう。

ただし、生まれたての赤ちゃんは新陳代謝がよく、冬でも汗をかきやすいので素材に気をつけましょう。

冬のベビー服選びについて先に少し説明したいと思います。

冬の出産準備での赤ちゃんの下着選びについて

ベビー下着の素材は綿100%が最適です。

肌触りがやさしく、吸湿性、放湿性、通気性にすぐれ、お洗濯にも強いからです。

秋冬の防寒対策用のウールやポリエステルなどの化学繊維のウェアは、綿の肌着の上から着せてあげましょう。

服は重ねる事ですき間がうまれ、汗を吸湿したり、程よく保湿してくれる効果があります。

色んな肌着を試しましたが、ユニクロの肌着が一番コスパが良いと思います。

普通はひもを結ぶ肌着が多いのですが、ユニクロはサイズ調節をする内側以外はボタンでワンタッチで留めれるからです。

ひもはしょっちゅう解けるので、それを結びなおす手間が省けます。

ベビー服ブランドでもこういったボタンタイプのものも販売していますが、正直・・・高い!!

ユニクロならではの良心価格です。

店舗では種類が少ないですが、ネットや大型店舗だと結構種類豊富ですよ!

冬の出産準備でのツーウェイオールの選び方

ツーウェイオールの素材もフリースの様にモコモコの物やキルト素材の物など様々な種類があります。

そんな中で選ぶポイントは二つあります。

  • 出産前に揃えておくのは、同じ素材ばかりにかたよらせすぎない
  • 内側の素材がザラザラしていないか確認する

出産前に揃えておくツーウェイオールは、同じ素材ばかりにかたよらない方が良いです。

(全て綿素材で揃えるなら恐らく問題ないですが)

なぜなら赤ちゃんの肌質によって合わない素材があるかもしれないし、その日の温度や環境によって服を選んであげた方が良いからです。

 

また、外側がフワフワで触り心地が良く、デザインがかわいいツーウェイオールに要注意です。

意外と内側がガサガサ、ちくちくする素材の物があります。

どうしてもそういう服を着せたい場合は、中に長袖の肌着を着させてあげるようにしましょう。

ベビー服の重ね方

どうやって重ね着させるのがよいのでしょうか?

おすすめのベビー服の組み合わせをご紹介します。

  • 短肌着(もしくはボディスーツ)コンビ肌着(もしくは長肌着)ツーウェイオール
  • 短肌着(もしくはボディスーツ)ツーウェイオール

赤ちゃんの体質によっては暑がりな子もいるようなので、臨機応変に対応してあげましょう。

それでは、室内の防寒グッズをチェックしていきましょう!!

ベビースリーパー

基本は上で紹介した組み合わせでOKですが、寝る時は布団を蹴ってしまう可能性があります。

寝ている時にずっと見ている訳にはいかないですし・・・。

そんな時はベビースリーパーの出番です。言わば「着る布団」です。

冬用は毛布の様な素材もあります。

どれだけバタバタ動く赤ちゃんでも脱げないので、見てない時でもしっかり保温できます。

更に嬉しいのが、新生児から小学生頃まで長く使えるんです。

寝る時用なので、サイズは少し大きめでも大丈夫です。

レッグウォーマー

冷え症の女性が足首が冷えてむくむのと同様に、赤ちゃんも足が冷えると風邪をひきやすくよくありません。

レッグウォーマーで温めてあげるのが良いのですが、気をつけてほしいのが締め付け。

あまり締め付けが強いと、血流が悪くなるので、要注意です。

こちらの商品は日本製のオーガニック素材で作られています。

厚手でしっかり温かいのに、ゴムの締め付けもなく跡がつきません。

室内でも外出時にも使える優れものです。

母乳育児をする予定の方へ

『出来れば母乳で育てたい』

『ミルクと母乳の両方あげたい』とお考えの方、いらっしゃると思います。

正直冬は母乳が出にくいです。

ママの身体の冷えやすいのが原因と言われています。

産前から身体を温めておく事を習慣付けましょう。



ちなみに、これを読んで『冬は完全母乳は無理なんだ・・・』と諦める必要はありません。

生まれるから出来る事をして、生まれてからも赤ちゃんとゆっくり時間をかけて頑張れば大丈夫です。

 

私は完全母乳になるまでに三か月の時間を要しました。

出なかった頃にした対策はこちらの記事でまとめています。

お時間ある時に読んでみてくださいね!

あわせて読みたい
母乳が出ない!真剣に完全母乳・完母を目指すVol.2~乳首矯正・桶谷式母乳マッサージ~出産の疲れが癒える間もなく始まるのが、かわいい我が子のお世話。 おむつを替えたり、泣いたら抱っこしたり、授乳をしたり、ミルクをあげ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

住んでいる地域や家の中の環境によっても、必要なグッズは変わってきます。

しかし赤ちゃんでも風邪はひきますので、十分に準備をして万全の態勢で赤ちゃんを迎えられるようにしましょう!

あわせて読みたい
妊娠中にも安心して飲めるAMOMAのハーブティー人気ランキング!絶賛母乳育児中の気まぐれプレママです! ここ最近よくお問い合わせを頂く、AMOMAのハーブティー。 私が妊娠中からずっと飲ん...
ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!