出産

出産レポート-痛みに耐えて25時間!?ー

お久しぶりです。

1月末、無事に元気な女の子を出産しました。

切迫早産で一時はいつ生まれるか分からない状況でしたが、

無事に予定日前日の39週6日までお腹の中にいてくれました。

 

今回は初めての出産、本当に鼻からスイカなの!?食中毒の50倍の痛みなの!?

とにかく恐怖を感じているあなたのために、

実際の私の出産の流れをレポートしたいと思います。

お産は人それぞれなので決して一概には言えませんが、参考にしていただければ幸いです。



 出産レポート

1/23 午前5時頃

激しい腹痛で目覚める。重めの生理痛の様な痛みでした。

一週間ほど夜中に前駆陣痛を繰り返していたので、また前駆陣痛かな?

と思いつつ、間隔を計測すると10分前後。

毎回激痛という訳でもなかったので、しばらく様子をみることに。

徐々に間隔がまばらに空くようになり、午前7時頃には間隔が20分になってしまいました。

10時半

この日はちょうど妊婦検診だったので病院へ。

NSTでは張りの感覚は10分おき。

子宮口は6~7センチの開きでした。

切迫で入院した事も踏まえ、お産は近いという事で即入院が決まりました。

外来から直接陣痛室に移動。

14時頃

病院のベットにて10分間隔の痛みが続き陣発。(陣痛が始まる事を陣発というそうですよ)

腰がキューっとする様な痛み。まだまだ元気に会話出来る程度でした。


16時頃

母が病院に到着。私の様子を見て元気そうで驚いていました。

この様子だとまだ24時間位かかるんじゃない?と言われました。

(ちなみに母のお産は、陣痛促進剤を使用しても24時間を超えるような難産)

20時頃

旦那さんが仕事を終えて戻ってきましたが、

恐らく夜中か明け方かもっと遅いという予測だった為、

旦那さんは一旦帰宅して、立会い出産に向けて体力を温存してもらう事に。

 

母が陣痛アプリで陣痛の間隔を測ってくれたり、話し相手になってくれました。

基本的に助産師さん達は、一時間に一回見に来るくらいなので、

話し相手がいると不安な気持ちや痛みが紛れます。

22時頃

痛みは強くなってきているが、間隔があまり短くならず、8分おき位でした。

痛みのあまりジッとしていられず、ベッドの枠を握りしめていないと

耐えられない程でした。

それでも『子宮口が全開じゃないので、いきんではいけない』と言われました。

一旦消灯して、寝れたら寝るように言われました。

もちろん陣痛中で痛いので、結局眠れませんでした。

前日も前駆陣痛で寝不足だったので、疲労がピークに達しました。

24時頃

隣に出産4度目という経産婦さんが運ばれてきました。

さすがにその方は慣れていて、

到着して一時間で陣痛間隔は10分から4分前後に。

すぐに分娩室に移動。

20分ほどで産声が!

 

若い助産師さんより、よっぽど落ち着いていらっしゃいました。

さすが!!と思いつつ、

私はベッドの手すりを握り締めて痛みに悶えていました。

1月24日午前2時頃

陣痛の痛みがピークに。

腰が割れそうになり、もう死ぬ!無理!と限界。。。

しかし痛みの間隔は5分ほど。

子宮口は9センチ位。

まだ全開じゃないの?と泣きそうになる。(子宮口は10センチが全開だそうです)

 

立ち会い予定の旦那さんに連絡。

急いで駆けつけましたが、先ほどとは打って変わって、

痛そうな様子に相当びっくりしたらしいです。

助産師さんが尾てい骨と肛門の間位のところを、

グッと押さえてくれると少し痛みが楽になりました。

それを母と旦那さんにしてもらっていましたがなかなか難しく、

半ば切れ気味でした。

午前4時頃

やっと子宮口全開になり、分娩室に移動しました。

万が一の為に点滴針を刺しておくのですが、タイミング悪く陣痛が来てしまうため、

なかなか打てず2回くらい挿し直し。

しかし、そんな痛みはどうでもいいくらいの状態です。

 

カテーテルで予めおしっこを抜いてもらいました。

あわせて読みたい♥
剃毛・導尿・浣腸。お医者さんに聞きにくい出産の医療処置

 

赤ちゃんが少し酸欠状態だったので赤ちゃんに酸素を送るために、私は酸素マスクを装着。

ものすごい勢いで口が乾燥するようになり、

旦那さんがせっせとお茶を飲ませてくれる。

(旦那さんはずっと水分補給係に徹してくれました)

 

周りの準備が整い、「さあ、陣痛のタイミングでいきみましょう!!」と言われる。

さっきまではいきんではいけなかったので、

どういきむのかよく分かりませんでした。

 

「レバーを手前に引いて、頭を持ち上げおへそを見て!」

「息をとめて、うんこをするようにいきんで!」

 

え!?

前から出るはずなのに、そっちに力入れるの!?

結構衝撃でした・・・。

 

ちなみに、この頃に素早く会陰切開されました。

会陰切開は最早ほとんど痛みが分からない程でした。

あわせて読みたい♥
あまり教えてもらえない会陰切開の話。麻酔は?痛みや傷痕は?

 

陣痛の度に長くいきむのが難しく、思う様に進まず。

赤ちゃんの頭が行ったり来たり。。。

一度の陣痛で最低2呼吸分は全力でいきまないといけないようです。

いきんでる途中は声も漏らしてはいけないので、吐きそうになりました。

 

いきんだ後は死にそうな状態なので、深呼吸。

深呼吸しているのか、意識が飛んでいるのか自分でもよく分からなかったです。。。

陣痛の間隔が遅かったのか、助産師さんやお医者さんが総勢4人で

陣痛促進のツボを押してくれました。

強い陣痛の方がいっぱいいきみやすいのですが、

早く出すしかないので弱めの陣痛でも最後は気力でいきみました。

午前6時17分

最後、頭が挟まってる時の痛みは思い出したくない程です。。。

頭が挟まったらいきまず、『ハッハッハッ!』と、

大きく呼吸をするだけです。

 

それを越えると、無事に生まれました。

元気な産声が聞けて、本当に安心しました。

全ての痛みが報われた気がしました。

 

旦那さんと赤ちゃんと三人で初めての家族写真を撮った後は、

胎盤を取り出し、会陰縫合。。。

一気に現実に引き戻されるチクチクした痛みでした。

部分麻酔をしたそうですが、実際切られた時より痛かったです。笑

足の筋肉が限界を越えていたのか、プルプル震えていました。

日頃の運動不足が祟ったのかもしれません。

 

みんながバタバタしている中、私は分娩台の上で

プルプルと色んな痛みに耐えること2時間。

途中で赤ちゃんが隣に来てくれたので、二人っきりでお喋りしてました。

初めてで何を話して良いか分からなかったので、

「はじめまして、ママです。」と挨拶をしてみたり。。。

目は閉じたままですが、ほにゃほにゃ言っていて、

あまりの可愛さに悶えていました。

午前9時頃

部屋に戻りほっと一息。

しばらくして赤ちゃんも来てくれたので、みんなで写真大会に。笑

という感じでした。

今回のお産では、お母さんと旦那さん、助産師さん、

お医者さん、みんなに助けられて、本当に感謝しかないです。

夫の立会い出産について

立会い出産にするかどうかは正直悩みましたが、

分娩室では夫は私の頭上にいて、黒子のようにテキパキとお手伝いしてくれました。

血を見るのは苦手な方ですが、最後まで頑張ってくれたみたいです。

本人曰く、「見てはいけないものは、何も見えない様に配慮されていた」との事です。

1人で臨むよりは、すぐそばにいてくれてるのを感じられるので、

わたし的には心強かったです。

最後に、陣痛の痛みを例えると・・・

人それぞれ色んな例えをされる方がいらっしゃいますが、

私はプロ野球選手のフルスイングを腰で受ける感じ、だと思いましたよ!

活躍めざましい大谷翔平選手?清宮君?野球にはあまり詳しくないですが、

そんな例えにたどり着いてしまいました。。。

以上出産レポートでした!

ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!