ベビーカー

コスパの良いベビーカー選びの為の厳選比較ポイント9選

みなさんもうベビーカーは選びましたか?

ネットで調べたり、お店で触ってみたりしていらっしゃるかと思います。

正直違いが分からない、なんて事もありますよね。。。

どれもそれなりに動かしやすい気がしますし、本当に使い心地がいいのか分かりにくいのが悩みの種かと思います。

実際に数多くのベビーカーを調べて、触って、先輩ママからも伝授してもらった、

ベビーカー比較のポイントをまとめてみたので、良かったら参考にしていただければと思います!

ベビーカーは店舗で買う?ネットで買う?

お店によってはベビーカーが10種類位しか置いていない所もありますが、

とにかく数多くのベビーカーに触れてみるのが良いと思うので、いくつかお店をまわるのも大切だと思います。

(東海地方にお住いの方は、『赤ちゃんデパート水谷』が30種類以上は触れてオススメです!)

くれぐれも、ネットの情報だけでベビーカーを決めるのは避けてください。

ただ、購入するのは店舗より、楽天市場の方が安い事の方が多いので、そちらをお薦めします。

楽天スーパーセールやポイントが多くつく日に狙って買うのも良いと思います!

(私はそれで8000ポイントゲットしましたよ♪)

ベビーカーはA型orB型?

血液型のはなしではありません 笑

ベビーカーのタイプですね!

A型は生後1か月から使用でき、しっかりリクライニングが出来る反面、大型で少し重いです。

一方B型は生後7か月から使用でき、リクライニングは着座の角度のみですが、A型に比べて軽く、価格も安いです。

最初の半年の外出頻度によって考えるのも良いと思います。

どちらが良いとは言い切れませんが、機能・安全性で選ぶならA型、価格・軽さで選ぶならB型といったところでしょうか。

ベビーカーは背面式or両対面式?

A型ベビーカーの場合、背面式と両対面式が選べます。

両対面式はハンドルの向きを切り替える事で赤ちゃんの様子を見ながら操作出来るようになります。

背面式はそれができませんが、その分軽く、コンパクトなので、畳んだ時も薄くなり、置き場所に困りません。

両対面式の場合必ず確認したいのが、ハンドルを切り替えた際に同時にタイヤも切り替わるか、という点です。(オート4輪)

対面時に前輪がロックされるタイプもありますが、カーブする時にコツをつかむまでは非常に扱いづらいです。

この説明では伝わりづらいですが、店頭で1,2万円台の両対面式ベビーカーと、

約3万5千円台からの両対面式ベビーカーで押し比べてみてください。

1,2万円台の方は自動車を狭い所で駐車する様に、何度も切り返さなければいけません。

約3万5千円台からのは自動で切り替わる機能がついているので、スムーズに曲がれます。

両対面式を検討される際には、必ずチェックした方が良いです!

 

ベビーカーは四輪or三輪?

スタイリッシュなデザインと抜群の機動性が魅力の三輪型ベビーカー。

全体的に重量感はありますが、もはやベビーカーでは無い、小さな車の様な安定感です。

重さに抵抗感があり、最初から候補から外される方も多いようですが、一度店頭で触れてみるのも良いと思います。

こちらの記事に詳しくまとめたので、参考までに・・・。

あわせて読みたい♥
三輪ベビーカーの機動性が凄い件 デメリットも検証

ベビーカーの重さ

こちらは実際に触る際に必ずチェックしましょう。

折りたたんだ状態で持ち上げてみると良いでしょう。

結構重いので、ベビーカーで公共交通機関を使用する予定がある方は特に重視した方が良いと思います。

ベビーカーの折りたたみやすさ、形

 

赤ちゃんが産まれる前には想像しにくいですが、子供を抱っこしながらベビーカーを折りたたむ場面も多いです。

抱っこしながら折りたためるほど楽なものもありますが、A型ベビーカーは片手で折りたたむのは難しいです。

必ず家族や周りの人に手伝ってもらった方が良いです。

B型ベビーカーの中には片手で楽々開閉が出来るものもあるので、成長したら買い替えるのも手かもしれませんね。

また折りたたみ時の形状も重要です。

折りたたんだときに自立するかどうか、これは多くの人が購入時のポイントに挙げています。

玄関に置いておく時も、外出先でも、折りたたんだときに自立できた方が便利なことは間違いないでしょう。

ハンドル部分が折りたためるタイプは車に載せる際に、軽自動車などスペースが狭い場合には大切なポイントです。

 

ベビーカーの機動性

 

今のベビーカーは触ると大概滑らかに動きます。

ですが、それは平らな店内の中で、何も載せていない状態の話です。

まず自分のハンドバッグを下の荷物入れに入れましょう。そして座席に赤ちゃんの模型を置きましょう。

(おそらく生後数か月の重さの赤ちゃん、みたいな模型があります)

その状態で押してみてください。

何も入れていない時に比べて動かしずらくなるので、差が分かりやすくなります。

また、少し横に揺らしてみてください。

するとキシキシときしむベビーカーがあります。

最新型の超軽量タイプのA型ベビーカーなどは大体鳴ります。

鳴るから危険という訳ではなく、軽くて丈夫な金属を使用しているからだそうです。(ベビー用品店店員さん曰く)

そのきしみ音が気になる方はそういうタイプは避けた方が良いと思います。

私は軽量タイプに魅力を感じていましたが、きしみ音が気になったのでやめました。

ベビーシートの取り外し

洗濯するために取り外しができるか、自宅で簡単に洗濯できるか、という点ですね。

これは先輩ママさんの意見ですが、おむつから漏れてしまったり、飲み物をこぼしたりと、何かと汚れる様です。

簡単に取り外せて洗いやすいシートにしておいた方が良さそうです!

ベビーカーの安全性・振動性

 

ベビーカーは大切な子供の命を預ける乗り物です。

安全性を一番重視しましょう。

国内メーカーですと安全基準をクリアしたSGマークがついています。

最近では海外製品のベビーカーが人気が出てきていますが、安全基準は異なります。
海外の物は、欧州安全基準であるCEマークがあることが、最低限の安全性を確認する方法になります。

ちなみにアメリカではASTMマークなどがついています。

振動も同様に、乗っている赤ちゃんに直接影響を与えます。

段差などを乗り越える時に、ベビーカーを押している自分の手に、衝撃が伝わってくるかを確認しましょう。

ベビーカーを押している間中、ずっと細かい振動が手に伝わるものもあります。

自分の手に伝わるという事は、赤ちゃんにも必ず振動は伝わっています。

デリケートな新生児には寝心地の良いベビーカーを用意してあげましょう。

 

ベビーカーの価格

最後に価格です。

やはり大事なポイントですが、こちらは今までの多くのポイントの中で、

必要なモノ、不必要なモノを考えると、自動的に絞られていきます。

先にこれくらいの価格で決める!と考えがちですが、

価格より優先したい、妥協できないポイントは人それぞれあると思うので、

そこからいくつか候補を出して比較する事をオススメします。

実際にベビーカーを買ってみて

ベビーカーは使用する人によって、それぞれ必要な機能は違います。

機能が多ければ多い程良い訳でもありません。

私はネットで研究したり、お店に何度も通いベビーカーを決めましたが、結局購入したのは最新型のものではありません。

購入したのはアップリカの2016年のモデル「ラクーナデュアル」です。

娘はこのベビーカーがお気に入りの様で、乗るとリラックスして寝てくれますよ笑

 

現在はもう販売されていないようなので、ラクーナの2017年モデルを紹介しますね!

私が買った2016年モデルより、シートが20%広くなっているようなので、

赤ちゃんがより快適に過ごせると思いますよ♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

みなさんにとって、ベストチョイスなベビーカーが見つかる事を祈ってます!

あわせて読みたい♥
【夏の赤ちゃん用品完全版】暑さ・UV対策グッズ25選

napnapの抱っこ紐ってどうなの?口コミは?安全性は?

ABOUT ME
気まぐれプレママ
夫と0歳の娘との三人暮らし。最初は母乳が不足したものの、約三か月かけて現在は完全母乳で育児奮闘中。 妊娠中は切迫早産での自宅安静・管理入院も経験しました。 甘いものとビールをこよなく愛しており、今はノンアルビールの飲み比べをよくしています。 子供の将来の為にも、今のうちに貯金するべく、ベビーグッズはコスパにこだわってます。 良いと思ったものは記事で紹介もしているので、もし良かったら色々覗いてみてくださいね!