ベビーベッドってほんとにほんとに必要?どう手に入れるのが賢いの?

   

生まれたての赤ちゃんは、1日の大半、約20時間くらい寝るといわれています。ほとんどの時間を布団の上で過ごすので、その周りは快適な環境にしておきたいもの。
ベビーベッドというスペースの取るものを本当に置くべきかどうかも踏まえ、検証していきたいとおもいます!

そもそもベビーベッドは必要なのだろうか

ベビーベッドって必ず必要なんでしょうか?正直、畳のうえにベビー布団をサッと敷くのもありです。
しかし、幼い兄弟がいる場合、ペットを飼っている場合、パパママの寝相が悪い場合にはベビーベッドという頑丈な囲いがあった方が安心かもしれません。
また、ベビーベッドには赤ちゃんをホコリから守ってくれる、という役割も果たしてくれます。新生児は抵抗力が低く、ホコリや菌に敏感です。地面に直接布団を敷くと、どうしてもホコリを吸いやすくなってしまいます。ベビーベッドが少し高めに作られているのは、地面のホコリを吸いにくくするためです。
地面に布団を敷く場合は、常に部屋の地面を綺麗に保つように意識しましょう。出産を機に空気清浄機を購入する人が多いのは、その為ですね。

スポンサーリンク

ベビーベッドの種類

ベビーベッドには大きく分けて2種類あります。サイズが異なるので、何歳ごろまで使うかによって、決まります。

通常サイズ・・・内寸120×70㎝
最長3歳まで使用可能

ミニサイズ・・・内寸90×60㎝
1歳半位まで。設置場所が狭くても置きやすいです。

1歳半というと短いように聞こえますが、実際には添い寝が出来るようになると、添い寝じゃないと寝付いてくれない子もいて、ベビーベッドを使わなくなるケースもあるようです。ある程度成長したら添い寝する、という方針であれば、ミニサイズも省スペースで経済的ですね。もちろん通常サイズであれば3歳まで使用できるので、子供を守る、という意味では安心です。
ただし、私の弟は2歳半位でベビーベッドからよじ登って自力で脱出してしまい、ベッドが意味を成さなくなってしまいましたが笑

ベビーベッドの入手方法

ベビーベッドを手に入れる方法は大きく分けて3種類あります。

・購入する
・レンタルする
・実家・親戚・知人から借りる、譲ってもらう

スポンサーリンク

ベビーベッドを購入する

まず一つ目の購入ですが、こちらは店頭やネット、フリマアプリで買う、という方法です。
ベビーベッドはベビーカーなどと異なり、そこまで進化の激しいものではないので、店頭である程度サイズ感を確認したら、楽天やアマゾンなどネットで購入するのがいいと思います。ネットの方がやっぱり店頭よりお値打ちの物が多いです。

フリマアプリで購入する際の注意点

フリマアプリでの購入は、最近流行っていますね。安く手に入る代わりに、いくつか気をつけたい点もあります。

出品者の評価を見る

出品者の評価はフリマアプリで商品を購入する上で最重要事項です
どんなに価格が安くても、出品者の評価が悪い時は購入してはいけません。最悪商品が手元に届かないケースもあるようです。 出品者の評価とは、今までその出品者が蓄積してきた取引の記録です。悪い評価が付いているということは、それだけ今までの行いが悪かった証拠といえます。必ずチェックしましょう。
また、評価が0の人にも要注意。前のアカウントが運営からストップされ、新しくアカウントを作り直した可能性があります。大きなお買い物なので、なるべく避けた方が無難です。

どちらが送料を負担するか確認する

フリマアプリでは配送料を出品者側か購入者側、どちらが負担するのか、一般的には出品者が決めることができます。出品者負担の場合が多いですが、中には購入者側負担の場合もあります。
その場合、ベビーベッドの様に大きな商品は送料が結構かかるので、結果的に割高になってしまうというのは残念な結果です。

商品の状態をよく確認する

フリマアプリで購入できる商品は基本は中古です。傷や汚れのような商品の状態を確認できるのに十分な写真があるか、また説明文があるのかも重要なポイントと言えます。

  • 写真が分かりづらい
  • 状態に関する説明が不十分
  • 質問への回答がない
    このような商品はあまり良くない状態と考え避けましょう。

ベビーベッドをレンタルする

収納に余裕のない方、購入すべきか悩んでいる方はレンタルがお薦めです。レンタルなら、購入すると高いベビー用品も、リーズナブルな料金で使用でき、使わなくなったらすぐに返却できるので、保管場所やその後の処分に困りませんね。レンタルショップはいくつかあるので、こちらのサイトが分かりやすくまとまっていて便利です。レンタルをご検討の方は是非。

上手に使って賢く育児 ベビー用品のレンタルショップランキング

実家・親戚・知人から借りる、譲ってもらう

実は見落としがちな人が多いですが、親戚・知人からベビーベッドを借りると言うのも1つの有効な手段です。ベビーベッドは大きさゆえに処分に困っている人も多いもの。案外、実家の物置などに眠っている場合もありますよ。使う期間が長いものでは無いので、比較的綺麗な状態で残っているご家庭も多いのではないでしょうか。
実際私は、実家にベビーベットがあったので、それを借りることにしました。使い終わったらまた実家に返却すればいい、ということなので安心です。壊れていないか、実際に組み立てることができるか、事前に確認することをお勧めします。組み立てるための部品が紛失している事も考えられるので。ベビーベッドは他のベビー用品ほど進化が激しいものではないので、中古が特に気にならないのであれば、借りる、譲り受けるのも良い手段だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ベビーベッドの入手方法は、購入・レンタル・親戚知人に借りると様々な方法がありますね。大きくて使用期間も短いものなので、どうすべきか一番悩まれるものだと思います。ライフスタイルにもよると思いますが、ワンオペ育児で家事と両立するためには、一応あった方が安心だと私は思います。レンタルで使用感を試し、便利だと思ったら購入する、というのもアリだと思いますよ。赤ちゃんを迎えるまでに家族でよく話し合っておきましょう!

 - ベビー用品