2018年新生児から使えるコスパ最強抱っこ紐4選!

2018年新生児から使えるコスパ最強抱っこ紐4選!

出産準備は何かとお金がかかる。

お得に抑えたいけど安全性や使いやすさ、譲れない点も結構多い。。。

そんな悩めるママさん必見の最高コスパ抱っこ紐を大特集しちゃいます!

新生児でも使える抱っこ紐はどれ?コスパが良いのは?

可能であれば新生児から抱っこ紐を使いたい方も多いと思います。

産後はママの体調も完璧ではありませんし、授乳などで体力も消耗しています。

そんなママたちの負担を少しでも軽くするためにも、抱っこ紐はマストアイテム。

私は腰痛持ちなので、少しでも腰の負担を軽くするためにも、

新生児から安心して使える抱っこ紐は必須です!


代表的なものはアップリカ「コランハグ」、

ベビービョルン「ベビーキャリアONE」、エルゴベビー「ベビーキャリア」辺りでしょうか?

今回はその一つ一つの安全性とコスパを、徹底分析していきたいと思います!

アップリカ「コランハグ」

赤ちゃんの首すわりまでは「コランハグ本体」と

別売りの「コランハグ専用新生児シート」をあわせて使用するタイプですね。

 

横向きに寝るので新生児の赤ちゃんにとっては心地よさそうですね!

実際にこの商品を使っている先輩ママに聞いてみたのですが、

赤ちゃんの頭は結構重いので支えきれず下がってしまい、

少し心配だった」との事でした。

確かに少し安定感がなさそうな感じはしますね。。。

私自身、生まれた時とても頭が大きい子だったと母に言われたことがあるので、

これは一応避けておきます。。。笑

 

価格は公式サイトで「コランハグ本体」税込 19,440円+「コランハグ専用新生児シート」税込4320円=23760

です。

ベビービョルン「ベビーキャリアONE」

こちらはとくに別売りのインサートなどはないタイプです。

 

新生児でも首をしっかりガードできる、という事なんですが、

赤ちゃんの首が横向きにくたーんとなってしまった時とか大丈夫なのでしょうか?

すこーし心配にはなりますが・・・

 

こちらの商品は4タイプのつけ方が出来るので、長い目で見ると成長に合わせて対応できそうですね!

価格は公式サイトで税込18144円です!

エルゴベビー「ベビーキャリアADAPT」

こちらは新型なので、インサートなど別売りの付属品無しで

生後10日~体重20㌔まで使えるそうです!

旧型は首がグラつく、体がすっぽり落ちてしまう事がある、

などの問題点が指摘されていたのですが、

新型はこういった点を改善したので安全性も上々の様です。

ただし、海外製なので身長が低い方(160㎝未満)の方にはブカブカになりやすいとのことです。
150㎝しかない私は完璧アウトですね。。。

宣材画像もオシャレです(笑)さすがエルゴです。

ですがこちらの商品、デザインによって価格が異なりますが税込23760円からです

楽天などで色々売っていますが、その多くが偽物であるとニュースでも報道されていたので、

赤ちゃんの安全の為にも、日本正規販売店『DADWAY』から購入する事をお勧めします。

napnap「ベビーキャリーBASIC」

最後に、「napnap」です。あまり聞き慣れないブランド名ですが、国産の抱っこ紐メーカーです。

上記の抱っこ紐と大きく違うのは、『日本人の体形に合わせて作られている』という点です。

私は身長150㎝と小柄な方なので、海外製の物は試着してもあまりフィットせず・・・

napnapはしっかりフィットしてくれたので、こちらを購入しました。

新生児から利用できるインサートも頭がこっちから見えない程、すっぽり。安心感があります。

SGマーク付きで安全な設計だと認証されていて、整体師、保育士、子育て中のママが一緒に協同開発した渾身の商品とのことです。

価格は「ベビーキャリーBASIC」税込9050円+「新生児パッド」税込2570円=税込11620円です!!

今回紹介してきた抱っこ紐の中で一番お安いんです。安かろう悪かろうは良くないですが、こちらの商品は本当に一生懸命開発されたという感じが伝わってきますし、機能もエルゴに劣らないくらい多いです。

抱っこ紐選びで悩んでいる方は是非こちらも検討にいれてみて欲しいと思います。

【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?正直、もっと低価格な抱っこ紐は存在します。

ですが、安全性や使いやすさ、パパママへの身体の負担を考えると不安が残るものが多いです。

納得いく抱っこ紐に巡り合えずいくつも抱っこ紐を購入される方も多い様ですが、

最初にじっくりと検討しておくに越したことはないと思います。

抱っこ紐の選び方にも様々なコツがあるので、もし良ければこちらの記事をご参考ください。

● 関連記事 ●

抱っこ紐ってどれも同じじゃないの?失敗しない抱っこひもの選び方

 

 

抱っこ紐カテゴリの最新記事